俳優パク・ソジュンが新しいヘアスタイルを公開し、多くの反響を得ている。がらりと雰囲気を変えたパク・ソジュンの姿には”俳優”としてのメッセージが込められているかのようだ。

去る25日、俳優パク・ソジュンが自身のインスタグラムで近況を公開した。掲載された画像には、パク・ソジュンが鏡の前で携帯電話で自分を撮影する姿が写っている。

JTBC金土ドラマ『梨泰院クラス』で情熱的な青年パク・セロイ役を演じ、特徴的なヘアスタイルを披露していたパク・ソジュンだったが、その”ツーブロック・クロップ・カット”を封印し、見違えたビジュアルで登場している。

俳優 パクソジュン

パク・ソジュンの近況ビジュアルに注目が集まった!(画像出典:パク・ソジュンInstagram)

がらりと雰囲気を変えたパク・ソジュンの姿は、まるで「”パク・セロイ”を忘れて」と言わんばかりのメッセージが込められているかのようだ。

韓国をはじめ世界を熱狂させているドラマ『梨泰院クラス』。
俳優パク・ソジュンと聞いて真っ先に思い浮かぶのは、このドラマの主人公”パク・セロイ”だろう。
これほどまでに人々を熱狂させ、強烈なインパクトを与えたキャラクターに扮したパク・ソジュンは、これをどのように感じているのだろうか。

燃えたぎるほどの”俳優魂”

俳優を志してからと言うもの、目標に向け絶え間ない努力を続け、情熱を注いできたパク・ソジュン。
どのような役がいつキャスティングされても良いように、ボクシング、剣道、合気道、乗馬までを身につけたという。

だが、デビュー後は順風満帆とはいかず、キャスティングされた役柄が泡と消えたこともあり多くの悩みを抱えていた。悩む過程の大切さを知ったパク・ソジュンは演技で最も重要なことは「自身を信じることだ」と述べている。

彼の”俳優”への意識の高さはこの熱意からきているのだろう。

パクソジュンの俳優業に対する姿勢

熱い想いを感じるパク・ソジュンの俳優業への姿勢(画像出典:パク・ソジュンInstagram)

一般人から見れば、”パク・セロイ”というキャラクターに世界中が熱狂するほどの成功を治め、現在も人々を魅了し続けて止まないのだから、しばらくは成功の余韻に浸っていても良いのでは?と思うのだが、パク・ソジュンは違うようだ。

髪の毛を伸ばし外見から”パク・セロイ”を消した。

俳優は、さまざまな人生を演じなければならず、あらゆるキャラクターを没入度を高めて披露している。どのキャラクターも身近に感じさせつつも新鮮な印象を与えねばらならず、一つのイメージが固定されるのは思わしくない。
見る人に一つの固定観念を植え付けない、”パク・セロイ”のイメージを定着させない姿勢を見せるパク・ソジュンは、燃えたぎるほどの”俳優魂”を持っているのだろう。

恐れずに常に新しい姿を披露

また、今回のような成功を治めた俳優たちは、作品の終了後にしばらく休暇を取り人々の前から姿を消すタイプも多く存在する。一旦リセットしてから新キャラクターへと移行するのだ。

だが、パク・ソジュンは違う。完璧なまでのシンクロ率を披露した”パク・セロイ”を封印し、すぐさま新しい顔を披露している。『梨泰院クラス』放映終了とともに次回作出演の知らせを届け、さらにグラビアでは新しい顔を披露したのだ。

常に新しい顔を披露するパクソジュン

常に新しい顔を披露するパク・ソジュン(画像出典:Esquire KOREA公式サイト)

また、アイコンとなる有名なキャラクターを仕上げれば仕上げるほど次回作への期待も高まるものだ。
新しいパク・ソジュンを期待していたものの、”パク・セロイ”が垣間見えたら‥。”パク・セロイ”のように高いシンクロ率や熱演を期待していたが、肩すかしを食ったら‥。
キャラクターが成功すればするほどこのようなリスクは高まるものだが、彼はそれを恐れずに次々とチャレンジしている。

情熱、高いモチベーション、挑戦を恐れない‥広い視野を持ち、常に先を見ているパク・ソジュン。
彼の持つ”俳優魂”は唯一無二の強さと輝かしさを持ちあわせているようだ。



このような強い意志(俳優魂)を持つ彼だからこそ、不義に妥協しない情熱あふれる青年”パク・セロイ”の神髄を披露できたのではないだろうか。

一方、パク・ソジュンは2021年公開予定であるイ・ビョンホン監督の最新作『ドリーム』で、予期せぬ事件に巻き込まれて懲戒を受けるサッカー選手、ユン・ホンデ役に扮する。
歌手のIUと呼吸を合わせることで話題を集めた映画『ドリーム』は、今月7日にクランクインした。