韓国ではメジャーな”食事放送(モッパン)”は、ダイエットで食事制限をしている人にとっての”代理欲求(自分の代わりに欲を満たしてくれる)”になるという。同じように(?)、パク・ボゴムが入隊で俳優界からしばらく離れている間、ファンはtvN新ドラマ『青春記録』の中に生きるサ・ヘジュン(パク・ボゴム 扮)へ愛と応援を注ぐことになりそうだ。

*この記事にはネタバレが含まれています、ご注意ください。

俳優のパク・ボゴムが入隊してから、10日が経った。

そして彼が入隊してからちょうど1週間後に、tvN『青春記録』の放送がスタート。パク・ボゴムと入れ替わるかのように、俳優の夢を追い続けるサ・ヘジュンの物語が走り出した。

サ・ヘジュンはアルバイトの日々‥。

サ・ヘジュン(パク・ボゴム)はアルバイトの日々‥。(画像出典:tvN)

すでにスター俳優として成功し、大衆に認められている”パク・ボゴム”が”サ・ヘジュン”という人物に扮して、俳優を目指しもがき苦しむ姿を見るのは、少し不思議な気分でもある。

しかもサ・ヘジュンにも入隊通知が届き、映画のオーディションに受からなければ、入隊しなければならないという現実まで重なっている。

2話の終わりで、ヘジュンはアン・ジョンハ(パク・ソダム)のサロンを訪れ「バリカンで坊主にして欲しい」と話し、次週へバトンを渡した状態だが、3話の予告では話が二転三転しそうな雰囲気も帯びており、まだまだ序盤なだけに物語の展開は未知数だ(そもそも入隊してしまっては物語が終わってしまうのだけど‥)。

たとえヘジュンが架空の人物であっても、夢と現実のはざまで心が揺れ動いている姿を見ていると、「どうか成功してほしい」と願っている事に気付く。

この気持ちはまぎれもなく、18カ月もの間、直接応援ができないパク・ボゴムへの代理声援ではないだろうか。

青春記録より

ドラマ『青春記録』より(画像出典:tvN)

ファンには周知のことだが、パク・ボゴムは少々苦労人である。

俳優(当時は歌手志望)になろうと思ったきっかけが「家族を支えるため」。十代にして父親の借金の保証人にされてしまい、若くして自己破産を経験。「家族の力になりたい、大黒柱になろう」と一大決心し、芸能事務所へビデオレターを送ったという。

パク・ボゴムは『花より青春』で俳優になったきっかけを打ち明けた。

『花より青春』で俳優になったきっかけを打ち明けたパク・ボゴム。(画像出典:tvN 動画キャプチャー)

晴れて事務所と契約し、2011年に映画『ブラインド』でデビュー。わずかな出演時間ながら強烈なインパクトを残すも、ブレイクには至らず。その後も、絶え間なく映画やテレビに出演しているが、しばらく演技力と比例して人気上昇とはならなかった。

パク・ボゴムが俳優としての知名度がまだ低いと言われていた時代の作品

パク・ボゴムが俳優としてブレイク前と言われていた時代の作品。(画像出典:上から、SBS動画キャプチャー、(C)2014 SHOWBOX/MEDIAPLEX AND AD406 ALL RIGHTS RESERVED.、オンラインコミュニティー「本当に良い時代」 キャプチャー、TheSTAR動画キャプチャー)

そしてようやく日の目を見た作品がtvN『恋のスケッチ~応答せよ1988~』だ。囲碁棋士チェ·テクを演じ、囲碁以外では頼りない一面を見せるが、ドクソンへの愛をストレートに伝えて初恋を成就させる姿に、女性ファンはすっかり魅了される。そして、いよいよ名実ともに、メジャー俳優の階段を上ることに成功した。

勢いをそのままに、KBS『雲が描いた月明り』で主役のイ・ヨンを演じ、キム・ユジョンと息の合った演技を見せて作品は大ヒットを記録。KBS演技大賞で最優秀賞を受賞した際の涙は、多くの視聴者の涙も誘った。

最優秀賞を受賞し、涙をこらえながらスピーチしたパク・ボゴム。

KBS演技大賞で最優秀賞を受賞し、涙をこらえながらスピーチするパク・ボゴム。(画像出典:KBS Entertain 動画キャプチャー)

一歩一歩、焦ることなくじっくりゆっくり俳優の道を歩み、花を開かせたかつてのパク・ボゴムを応援していたように、今は『青春記録』のサ・ヘジュンが、現実という圧力に負けず夢を叶えようとする姿を応援することで、俳優という空席を少しの間あけているパク・ボゴムへの愛を、ファンは満たすことができるような気がしている。

そうだよ、僕たち一緒に。(動画出典:BOGUMMY)



パク・ボゴム

2011年映画『ブラインド』でデビュー。

以降、映画『コインロッカーの女』(2015)、ドラマ『君を憶えてる』(2015)などに出演。

『恋のスケッチ~応答せよ1988~』(2015-2016)で天才棋士チェ・テクを演じブレイク。2016年8月より放送されたドラマ『雲が描いた月明り』で地上波初主演を果たし、爆発的人気を得る。

パク・ボゴム プロフィール&記事(71)