• 韓国ドラマは、日本で多くの人に楽しまれるコンテンツの1つとして定着した。
  • しかし興味はあるものの、視聴までの手続きが面倒など様々な理由により、韓ドラデビューしていない人も多いのではないだろうか。
  • 本記事では一歩踏み出せずにいる韓国ドラマ初心者に、特別な利用者登録なしでしかも一部無料で楽しめるABEMAのラインナップから人気作を紹介する。

韓国ドラマは、いまや娯楽の1つとして日本に定着している。

最近観て面白かったものを言い合うなど、女友達との会話で度々登場し、盛り上がる人も多いのではないだろうか。

しかし中には、興味はあるものの一歩踏み出せずにいる韓ドラファン予備軍もいるはず。

動画配信アプリまではダウンロードしたもののシステムがよく分からなかったり、クレジットカードを含む個人情報の入力を求められたりと視聴までに時間がかかれば、観る気を失ってしまいがちだ。

しかもちょっと試しに見てみたいだけなのに、有料となれば抵抗を感じやすいだろう。

そこで本記事では、面倒な利用者登録なしでかつ無料で配信されているドラマが多いABEMAの作品を紹介する。

一部放送回が有料となっているものがほとんどだが、作品によっては期間限定で全話もしくは前半のみ無料で楽しめるなど、まずは味見だけしたいという韓ドラ初心者におすすめのプラットフォーム。

本記事では、そんなABEMAで現在支持を得ている作品の中から、映画やドラマなどのレビューサービスFilmarks(フィルマークス)で評価が高く、レビュー数の多かったものをピックアップした。

韓国ドラマデビューに失敗したくない人へ贈るラインアップになっている。

宮廷女官チャングムの誓い (2003)

評価 ★4.3/5 レビュー評価数 273件

『宮廷女官チャングムの誓い』

『宮廷女官チャングムの誓い』(画像出典:MBC)

16世紀の朝鮮王朝を背景に、厳しい身分制度の時代に生まれた主人公チャングムが、料理人として王朝に仕え、王の主治医になる成長物語。実在した人物チャングムをモチーフに、彼女の波乱万丈な人生を描いた作品だ。

韓国のドラマ史に残る名作で、約20年前のドラマだがいまだ日本にも根強いファンが存在する一作。

全54話という長編もので時代劇であることから初心者には抵抗があるかもしれないが、日本放送当時、韓ドラに興味のなかった人までも虜にしたドラマは一見の価値あり。

太陽を抱く月 (2012)

評価 ★4.2/5 レビュー評価数 740件

『太陽を抱く月』

『太陽を抱く月』(画像出典:MBC)

8年前に亡くした初恋の婚約者ヨヌを忘れられず、心を閉ざしてしまった朝鮮王朝の若き王フォン。しかしある日、記憶を無くしウォルと名前を変えて生きていたヨヌと再会したのをきかっけに、2人の恋物語が動き出すファンタジー時代劇。

架空の王を中心に繰り広げられるフィクション作品であるため、一般的な時代劇よりも比較的見やすいのが特徴で、韓国ドラマの強みといわれる史劇とロマンスの両方を一変に楽しむことができる。

トップスターであるキム・スヒョンと、韓流が日本に到来した2000年代序盤その人気を牽引した女優の1人、ハン・ガインが主演を務めている。

トンイ (2010)

評価 ★4.2/5 レビュー評価数 282件

『トンイ』

『トンイ』(画像出典:MBC)

賎民の娘である主人公トンイが身分の壁を乗り越え、第19代王の側室から第21代王の生母になるまでの波瀾万丈な一生を描いた時代劇。

前出の『宮廷女官チャングムの誓い』同様、日本の韓ドラファンを量産した作品で、寝不足になってでも続きが気になり見てしまう面白さが。

トップ女優ハン・ヒョジュが、明るく努力家で行動力まであるトンイを演じ、壮絶な人生を経験しながらも、母としてまた女性としての強さや優しさを忘れず信念を貫く姿にエールを送りたくなるだろう。

相続者たち (2013)

評価 ★4.1/5 レビュー評価数 1275件

『相続者たち』

『相続者たち』(画像出典:SBS)

財閥のイケメン御曹司キム・タンと、アルバイトをして生活する苦労人チャ・ウンサンが繰り広げる甘く切ないラブストーリー。

当時若手だった俳優&女優からアイドルまで勢揃いした豪華キャストが個性あるキャラクターに扮し、少女漫画を彷彿とさせるロマンスをメインに、時には笑いを時には感動を届けた一作。

世界中にファンがいるドラマで、王子様と平凡な女の子の胸キュンシンデレラストーリーを満喫したい人におすすめだ。

六龍が飛ぶ Roots of the Throne (2015)

評価 ★4.1/5 レビュー評価数 141件

『六龍が飛ぶ Roots of the Throne』

『六龍が飛ぶ Roots of the Throne』(画像出典:SBS)

腐敗した高麗(コリョ)を倒し、新たな理想国家を作るために立ち上がった6人の英雄“六龍”の活躍を描いた時代劇。

手に汗握る迫力満点な殺陣のシーンをはじめ、切ないラブストーリーやクスっとさせられるコミカルさ、史劇ならではの政治的要素まで盛り込まれ、エンターテインメント性抜群なのが魅力だ。

実力ある役者陣、脚本、スケールのどれをとっても欠けた部分がないとの評価を得ており、エンディングに満足した人も多い。

***

時代劇の人気が高く本記事で紹介した作品のほとんどが史劇となったが、この他ABEMAでは、一夜にして殺人事件の容疑者となってしまった平凡な大学生の物語『ある日~真実のベール』(Coupang Play/2021)や、イケメン俳優チ・チャンウク主演の法廷ロマンス『あやしいパートナー~Destiny Lovers~』(SBS/2017)などの現代劇もランクインしており、Filmarksでも高い評価を得ている。

西谷瀬里

韓国ドラマが大好きな西谷です。現在はK-POP関連の記事を主に投稿しておりますが、韓ドラの魅力や、俳優&女優さんの活躍も随時紹介していきたいと思います。あらゆる年代の読者の方に、楽しんでいただける記事が届けられたらなという思いです。

記事一覧を見る(937件)





ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs