• 韓国ドラマを観ていて、サッドエンドにがっかりしたことはないだろうか。
  • しかし、初めから悲しいエンディングだと分かっていたら、楽しみ方が変わるかもしれない。
  • そこで本記事では、現代劇よりもドラマチックな展開が繰り広げられることの多い時代劇で、号泣必至の結末を迎えた作品を5つ紹介する。

ドラマの結末は、作品のイメージを決定付けると言っても過言ではないほど重要だ。

それまでのストーリーが面白かったらなおのこと、エンディングが期待外れだと残念な気分に。

ハッピーエンドを望んでいたのにまさかのサッドエンドで、主人公に感情移入していた気持ちが不完全燃焼に終わったという経験を、誰しも1度くらいはしたことがあるはず。

しかしもし最初から、バッドエンドだと分かって視聴していたらどうだっただろうか。

最後でそこまでがっかりすることがないのはもちろん、ドラマを完走した後は、登場人物の置かれた立場や気持ちに思いを巡らし、物語の余韻に浸れるかもしれない。

しかも韓国ドラマには、『秋の童話』(KBS/2000)や『バリでの出来事』(SBS/2004)、『ごめん、愛してる』(KBS/2004)など、サッドエンドを描き大ヒットをした作品が。

そこで本記事では、悲しい結末に号泣必死の作品をご紹介。

現代劇よりもどちらかといえば劇的なシチュエーションが多い、時代劇からピックアップした。

観終わると、人によっては目が腫れるほど泣いてしまうラインナップとなっている。

麗~花萌ゆる8人の皇子たち~(2016)

21世紀に生きる女性ヘ・ス(IU扮)が過去にタイムスリップし、皇子ワン・ソ(イ・ジュンギ扮)と繰り広げる時空を超えたファンタジーロマンス時代劇。

前半は美しいラブストーリーが展開されるのですが、ラストは愛し合う2人を引き裂く悲劇の連続。運命や時代に翻弄され、誤解や嫉妬、偽りなどが交錯しすれ違い悲しい最後を迎物語は涙なしには見られない。

『麗~花萌ゆる8人の皇子たち~』

『麗~花萌ゆる8人の皇子たち~』(画像出典:SBS)

●現在視聴可能な動画配信サービス:
・U-NEXT
・Amazon Prime Video
・Rakuten TV
・TELASA


『麗~花萌ゆる8人の皇子たち~』最終話

奇皇后~ふたつの愛 涙の誓い~(2013)

実在した人物奇皇后の波瀾万丈な人生をモチーフに、朝廷への貢ぎ物として献上された高麗の1人の少女が、巨大帝国である元の皇后にまで昇り詰めた壮絶な人生と、彼女の愛の物語を描いた作品。

最終回、ヒロインのヤン(ハ・ジウォン扮)の膝の上で、なかなか振り向いてもらえなかった彼女から「愛している」との言葉を聞き、安心したかのように静かに息を引き取る元の皇帝タファン(チ・チャンウク扮)。やっと想いが届いたのに、お別れしなければならない切なすぎる結末だ。

『奇皇后~ふたつの愛 涙の誓い~』

『奇皇后~ふたつの愛 涙の誓い~』(画像出典:MBC)

●現在視聴可能な動画配信サービス:
・U-NEXT
・Amazon Prime Video
・TELASA
・Hulu
・FOD


『奇皇后~ふたつの愛 涙の誓い~』最終話

チェオクの剣 (2003)

17世紀末の朝鮮王朝時代を背景に、現代の女刑事に当たる“茶母”(タモ)を素材に用いて描いた、スーパーアクション時代劇。主人公3名が、数奇な運命に翻弄された悲しく激しい恋物語だ。

誤解が新たな誤解を生み、真実の愛と本能の愛に揺れるチェオク(ハ・ジウォン扮)が哀れで、身分の違いに苦しみながらも一途に彼女を愛したファンボ・ユン(イ・ソジン扮)、同じく彼女に想いを寄せていたソンベク(キム・ミンジュン扮)。誰一人として笑顔で終わることのない、悲しい終わり方となっている。

『チェオクの剣』

『チェオクの剣』(画像出典:MBC)

●現在視聴可能な動画配信サービス:
・U-NEXT
・Amazon Prime Video


『チェオクの剣』最終話

私の国 (2019)

激動の朝鮮建国期を生き抜いた若者たちが、それぞれの信念が語る“自分の国”を巡って互いに刃を向け、権力と守護に対する欲望を爆発させる。愛と友情の行方が見所のロマンスアクション時代劇だ。

生涯の友ソノ(ウ・ドファン扮)が敵に攻撃され瀕死の状態に陥るのだが、その時彼を抱きかかえ自らも共に死ぬことを選択したフィ(ヤン・セジョン扮)。一瞬、開いた城門の隙間の向こうに、愛する女性ヒジェ(ソリョン扮/AOA)がいるのに気付き笑顔を送るという、心のやりどころがないほどの悲しい結末だ。

『私の国』

『私の国』(画像出典:JTBC)

●現在視聴可能な動画配信サービス:
・Netflix
・DMM TV
・Amazon Prime Video
・Rakuten TV
・TELASA
・クランクイン!ビデオ


『私の国』最終話

善徳女王 (2009)

韓国初の女帝で新羅第27代王の善徳(ソンドク)女王が、その座に上り詰めるまでの波乱に満ちた半生を描いた韓ドラ史に残る名作。

大ヒット作『朱蒙(チュモン)』(MBC/2006)のスタッフと、『宮廷女官チャングムの誓い』(MBC/2003)を手掛けた脚本家がタッグを組んだ作品だ。

トクマン王女(後の善徳女王/イ・ヨウォン扮)をひたすら愛し続けた剣の達人ピダム(キム・ナムギル扮)が、彼女を信じられず哀れな一生を遂げる場面で、最後に息絶え絶えにトクマンの名を何度も呼ぶシーンは見る者の涙を誘う。

『善徳女王』

『善徳女王』(画像出典:MBC)

●現在視聴可能な動画配信サービス:
・Amazon Prime Video
・FOD


『善徳女王』最終話

西谷瀬里

韓国ドラマが大好きな西谷です。現在はK-POP関連の記事を主に投稿しておりますが、韓ドラの魅力や、俳優&女優さんの活躍も随時紹介していきたいと思います。あらゆる年代の読者の方に、楽しんでいただける記事が届けられたらなという思いです。

記事一覧を見る(913件)





ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs