• 『財閥家の末息子(JTBC)』が最高視聴率26.9%を記録、近年類を見ない数字を叩き出し有終の美を飾った。
  • そんな中、歴代ドラマの視聴率に焦点が当たり、キム・スヒョン主演の『太陽を抱く月(MBC/2012)』が注目されている。
  • 彼が韓国を代表するスターになった経緯をご紹介。

『財閥家の末息子(JTBC)』が、近年類を見ない視聴率を叩き出しました。

『財閥家の末息子(JTBC)』は、近年類を見ない視聴率を叩き出した

近年類を見ない視聴率を叩き出した『財閥家の末息子(JTBC)』(画像出典:JTBC)

12月25日、惜しまれつつ最終回を迎えた本作は、なんと最高視聴率26.9%を獲得。今年の話題作『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌(ENA/Netflix)』の17.5%を大きく上回るなど、驚くべき大記録を残しました。

続きを読む

ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs