Disney+(ディズニープラス)で配信されている韓国ドラマ『スノードロップ』。この作品を巡り、Disney+の代表が国会で謝罪する事態になってしまった。これを受け、大衆からは「創作の自由」に対し、疑問を呈する反応も見られている。

2021年に放送された、チョン・ヘインとBLACKPINK(ブラックピンク)ジスの主演ドラマ、JTBC『スノードロップ』。

韓国での放送後、OTTサービスのDisney+(ディズニープラス)を通じて世界へと配信され、海外のドラマファンから好評を得た作品だ。

しかし、韓国では再びネガティブな議論の渦中にある。

再び議論に?Disney+(ディズニープラス)で配信中のドラマ『スノードロップ』

Disney+(ディズニープラス)で配信中のドラマ『スノードロップ』が再び議論に?(画像出典:JTBCドラマ)

去る5日、Disney+KOREAのキム・ソヨン代表が、『スノードロップ』にまつわる”歴史歪曲”議論に対し、消極的な対応を示したことを謝罪した。

キム・ソヨン代表が謝罪したのは、韓国の国会で行われている文化体育観光委員会国政監査にて。

ここで、民主党のキム・ユンドク議員から「『スノードロップ』に向けた視聴者の批判が起きた当時、Disney+の対応はどうでしたか」という質問が飛び出した。

キム・ソヨン代表はこれに対し、「誤解の余地があり、色々な意見があったことは十分に認知する」として「このドラマを通じて、Disney+がプラットフォームとして持つ影響力、視聴者に及ぼす影響について改めて考えることができるようになった。細心かつ綿密に準備する努力を傾けるつもりです」と謝罪している。

『スノードロップ』を巡る議論とは

『スノードロップ』の制作側は粘り強い説明を繰り返していた、韓国での議論当時

韓国での議論当時、『スノードロップ』の制作側は粘り強い説明を繰り返していた(画像出典:JTBC)

ドラマ『スノードロップ』は、1987年のソウルを背景に、女子寮に血まみれで飛び込んできた名門大学生(チョン・ヘイン扮)と、彼を匿って治療する女子大生(ジス扮)の切ない恋物語を描いた作品だ。

放送以前、シノプシスが公開されるやいなや、北朝鮮スパイのチョン・ヘインと女子大生のジスが恋に落ちる設定に対し、「北朝鮮のスパイを美化している」という疑問が提起された。

さらに「民主化運動を軽視している」「安企部(韓国情報局)を美化するな」など民主化運動の卑下を疑うといった問題提起と共に、”歴史歪曲”議論が勃発。これに加え、ヒロインを演じたジスの”演技力”議論までもが持ち上がってしまった。

国会での謝罪に対し、韓国国民の反応は

今回、キム・ソヨン代表が国会で謝罪したのを受け、韓国のインターネット上では「(謝罪が)遅すぎる」「今さら?」といった反応がみられる一方で、「創作の自由はどこにいったの?」という声も聞かれている。

後者の意見を述べたネットユーザーらは、フィクションであるドラマに対し、歴史的事実と照らし合わせ異議を唱える、まるで検閲するかのような行動に首をかしげているようだ。

確かに、視聴者の検閲に加え、政治家までもが国会で問い詰めるような状況は、創作から自由を奪っているかのように映る。

これ以前、2021年3月に放送されたSBS『朝鮮駆魔師』も、描写された内容が”歴史歪曲”議論となり、第2話をもって放送を終了したことがあった。

韓国ドラマの中には歴史的事実をモチーフにした作品も多い。しかし、この多くがフィクションとして制作されている。そのことに対し、事実と異なるからといって表現方法を制限してしまうと、作品の面白さが欠けてしまうことも十分にあり得る。

フィクションとは”創作されたストーリー”のことで、つまりは作り話であるため、過去の事実を忠実に描くといったものではない。フィクションに対する国民からの厳しい視線、つまり”規制”は、創作に対して悪影響を及ぼすのではという懸念の声も聞かれている。

制作側と脚本家をはじめとした”創作”する人々が、大衆検閲から自由ではない状況は、残念ながら現在も続いているようだ。

(構成:星野沙)

編集部おすすめ記事blank

こちらも投票お願いします!

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs