“BL(ボーイズラブ)”を描いて、韓国で大きな話題となったWATCHAオリジナルドラマ『セマンティックエラー(2022)』は、第7話配信前、韓国の政府機関からWATCHA側に対し1本の電話があったという。気になるその内容と理由に触れる。

“BL(ボーイズラブ)”をテーマにし、韓国でシンドロームを巻き起こしたWATCHAオリジナルドラマ『セマンティックエラー(2022)』。

『セマンティックエラー』のメインポスター。

『セマンティックエラー』のメインポスター(写真提供:WATCHA)

同作は、周りから変わり者と呼ばれる工学部のチュ・サンウ(パク・ジェチャン扮)と、彼とは対照的に、モデルのような容姿でデザイン科のスターであるチャン・ジェヨン(パク・ソハム扮)が共にゲーム開発をすることになり、コンピューターにエラーが生じたかのような、相反する男性2人が、徐々に惹かれ合うキャンパスロマンス作品だ。

続きを読む

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs