今月24日より公開となった、Netflixオリジナルシリーズ『静かなる海』。多くの期待を抱かれた作品であったが、公開と共に手厳しい意見も見られている。特に、うなぎ上りだった”Kドラマ”ブームにブレーキをかけているとの声も上がっている。果たして、その理由とは。

今月24日に配信スタートとなった、Netflix(ネットフリックス)オリジナルシリーズ『静かなる海』。

このドラマは、必須資源の枯渇によって荒廃した近未来の地球を背景に、特殊任務を受けて月に捨てられた研究基地に向かった精鋭隊員たちの物語を描く。

前作『トッケビ~君がくれた愛しい日々~(2016)』から、約5年ぶりにドラマ復帰を果たしたコン・ユの主演作とあって、公開前から話題を呼んでいた作品だ。

(関連記事)コン・ユ 『トッケビ』武将から『静かなる海』宇宙飛行士に! 彼の渇きとは

Netflixオリジナルシリーズ『静かなる海』は、日本のランキングでもトップ10内にランクイン

日本のランキングでもトップ10内にランクインした、Netflixオリジナルシリーズ『静かなる海』(画像出典:Netflix Korea公式twitter)

しかしこの一方で、韓国メディアからは「コン・ユ、ペ・ドゥナという人気俳優らが出演する『静かなる海』が、見る人をそのまま”静かなる海”に陥れる」との皮肉の声も上がっている。

ストーリー展開のスピードが遅いという致命的な限界により興行の”ゴールデンタイム”を忘れている、というのがその理由だ。

映画やドラマの興行を左右する”ゴールデンタイム”とは、上映開始から10分のこと。この時間内に観客を引き込まなければならない、という意味だ。10分が難しければ、少なくとも1話以内で視聴者を虜にしなければならない。

ところが、『静かなる海』は、核心コンセプトを説明するのに3時間も割いている。

最初のインパクトが弱く、キリングポイントが見当たらないという意見も見られており、Netflixのユーザーらを惹きつけるには少々物足りない感が出てしまったようだ。

韓国メディアがこのような声を上げるのには理由がある。

2021年下半期のNetflix”Kドラマ”は、うなぎ上りに成長した。

世界中を熱狂の渦に巻き込んだ『イカゲーム』続き、『マイネーム: 偽りと復讐』、『地獄が呼んでいる』まで、公開と同時にNetflixグローバルランキングで1位を記録している。

(関連記事)あなたはどっち派?’韓流ドラマ’ と ‘Kドラマ’の違いとは

世界中の関心が”Kドラマ”に向けられている今、満を持しての公開となった『静かなる海』なのだが、前述した理由から興行の疾走に赤信号を灯したと見ているようだ。

『静かなる海』は壮大な宇宙を圧倒的な映像美で描く。第3話からはスリリングな展開に!?

壮大な宇宙を圧倒的な映像美で魅せる『静かなる海』。第3話からはスリリングな展開に!?(画像出典:Netflix Korea公式twitter)

しかしながら、『静かなる海』は壮大な宇宙を舞台にしているとあって、ハリウッド顔負けの映像美が広がっている。俳優たちの好演と宇宙という神秘的な背景は、ゆっくりしたストーリーテリングに没入感をもたらせる。

コン・ユとペ・ドゥナは、同じ任務を受けたが価値観が違う。ミッションを解決するのが先であるコン・ユと、科学者として真実を先に把握しなければならないというペ・ドゥナの対立は、緩い展開に緊張感を与える。

また、探検隊員に扮したイ・ジュン、キム・ソニョン、イ・ムセン、イ・ソンウクらが、実力派俳優らしくしっかりとした演技力を見せ、未知で発生する恐怖と緊張感を実感させている。

手厳しい意見が見られたストーリー展開も第3話から、独特のサスペンスと盛り上がりを見せていくとみられ、視聴者を一気に引き込ませるという好評も。

配信直後にグローバルランキングで7位を記録した『静かなる海』は、現在4位まで順位を上げ、勢いに乗っている。

最後まで泳ぎきる視聴者はどのくらいだろうかと皮肉を受けながらも、これまでに公開された”Kドラマ”同様の人気を得る日も近いように見える。


『静かなる海』ティーザー予告編




最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

コン・ユ 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース