日韓に一大ムーブメントを巻き起こした『コーヒープリンス1号店(MBC/2007)』に出演していた女優のパク・ウォンスクが、一人息子を亡くしていたことをある番組で明かした。そんな悲痛な過去と、彼女の女優人生の一部を振り返ってみる。

俳優のコン・ユと女優のユン・ウネが主演を務め、日韓共に大旋風を巻き起こしたMBCドラマ『コーヒープリンス1号店(2007)』。

『コーヒープリンス1号店(2007/MBC)』は、日韓共に大ヒットを記録した

日韓共に大ヒットを記録した『コーヒープリンス1号店(2007/MBC)』(画像出典:MBC)

父親を亡くした主人公ウンチャン(ユン・ウネ扮)が、一家の大黒柱として生計を立てるために男性のフリをして“コーヒープリンス1号店”に勤務し、バリスタの夢を抱きながら、そこで出会った店長ハンギョル(コン・ユ扮)と繰り広げる恋模様が、コミカルに描かれている。

続きを読む

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs