女性ダンサーサバイバル番組を通じて、一躍”時の人”となったダンサーのno:ze。インフルエンサーとしても活躍を見せる彼女だが、ここで”広告議論”に巻き込まれてしまう。議論勃発後、沈黙を守っているno:zeに対し、韓国メディアは、ユン・ウネの盗作疑惑と比較しながら報じている。

世界のK-POPファンを白熱させた、女性ダンサーサバイバル番組、Mnet『STREET WOMAN FIGHTER(2021)』。

この番組は、K-POPの振付師である女性ダンサーを主人公に、ダンスクルー8チームがプライドをかけた熾烈なバトルを繰り広げる、ダンスサバイバル。韓国でも有名な女性ダンスクルーたちが出演し、彼女たちの魅力対決も見どころと言われ、視聴者から熱い視線を集めていた。

ダンサーのno:ze(ノゼ)は人気インフルエンサーとなった

人気インフルエンサーとなった、ダンサーのno:ze(ノゼ) (写真提供:©TOPSTAR NEWS)

続きを読む

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs