日本でも人気を博したMBCドラマ、『朱蒙 -チュモン- Prince of the Legend(2006)』で好演した俳優 ソン・イルグクだが、ここ数年はドラマ界を離れ、演劇界で活動している。本記事ではその理由と、これまでの出演作品や彼の近況を追ってみる。

韓国では、時代劇俳優という印象を持つ人も多い俳優のソン・イルグク。

彼の代表作と言えば、MBCドラマ『朱蒙 -チュモン- Prince of the Legend(2006)』が、挙げられる。

MBCドラマ『朱蒙 -チュモン- Prince of the Legend』に出演したソン・イルグク

ソン・イルグクが主演を務めたMBCドラマ『朱蒙 -チュモン- Prince of the Legend』(画像出典:MBC広報部)

同ドラマは、古代朝鮮の滅亡から高句麗が建国された時期を背景に、高句麗の初代王とされるチュモンの一代記を描いた、全81話から成る史劇ファンタジードラマで、劇中ソン・イルグクは、父親を裏切った扶余(プヨ)国王クムワの3番目の息子として育てられる主人公のチュモンを演じた。

続きを読む

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs