去る24日、女優のパク・セヨンと結婚を発表した俳優のクァク・ジョンウク。子役出身俳優として知られる彼は、韓国だけでなく日本でも絶大な人気を博した作品に出演している。昔ながらの韓ドラファンにとっては懐かしい存在であるクァク・ジョンウク。彼が出演した作品とは。

韓国芸能界に新たな”俳優カップル”が誕生した。

去る24日、俳優のクァク・ジョンウクとパク・セヨンが、所属事務所を通じて結婚を発表。

パク・セヨン(左)とクァク・ジョンウク(右)

パク・セヨン(左)とクァク・ジョンウク(右)(写真提供:©TOPSTAR NEWS)

所属事務所によると、2人は2012年に放送されたドラマ『学校2013(邦題:ゆれながら咲く花/以下、学校2013)』で共演したことがきっかけで出会い、数年前から恋人関係に発展したという。挙式は来月に予定しており、家族と共に非公開でおこなう予定だ。

新郎となる俳優のクァク・ジョンウク。現在31歳(日本年齢)の彼は、子役時代から活躍を見せる実力派俳優だ。

子役時代の代表作と言えば、2007年に放送されたドラマ、KBS2『魔王』だろう。

KBSドラマ『魔王』

KBSドラマ『魔王』(画像)出典:韓国オンラインコミュニティー)

このドラマは、差出人不明の1枚のタロットカードから事件が繰り広げられていく、スリルと衝撃の本格サスペンス。俳優のチュ・ジフン、オム・テウン、シン・ミナがそれぞれ、弁護士、刑事、サイコメトラーに扮し、過去に起きた悲惨な殺人事件に導かれていく。

韓国で社会現象を巻き起こした『復活』の続編的意味を持った本作、日本でも2008年に嵐の大野智と生田斗真のダブル主演でリメイクされ、多くの反響を得ている。

本作でクァク・ジョンウクは、チュ・ジフン扮する弁護士スンハの子役時代を担当。ストーリーの軸となるキャラクターを見事なまでに好演した。

チュ・ジフンとクァク・ジョンウク

チュ・ジフンとクァク・ジョンウク(画像出典:韓国オンラインコミュニティー)

実はこれ以前、『復活』でも子役で出演していたクァク・ジョンウク。この時は、オム・テウンが演じた主人公、ソ・ハウンの子役時代に扮していた。

『復活』は、韓国で”復活パニック”と呼ばれる社会現象を巻き起こした作品だ。予測できないほどの複雑さと緻密さを持ったストーリー展開や、キャストの高い演技力が評価を得ている。また、この年の韓国テレビ界の各賞を総なめにし、韓国ドラマの歴史に残る最高傑作と言われている。

韓国でシンドローム級の人気を巻き起こした2作品に出演し、その顔と存在感を知らせたクァク・ジョンウク。
『復活』と『魔王』は日本でも放送され、多くの人気を博した作品だ。昔からの韓ドラファンには懐かしく思い出される俳優だろう。

クァク・ジョンウクはこれ以降も、MBC『ベートーベン・ウィルス(2008)』、MBC『明日に向かってハイキック(2009)』、MBC『善徳女王(2009)』などの人気作にも顔を覗かせている。
多くの人気ドラマで着実に演技力を培っていった彼は、青春ドラマ『学校2013』で光る演技を見せ、一躍、注目の青春俳優となった。

そんな彼もすっかり成人し、その時に得た縁を成就させた。
日本の韓ドラファンには懐かしい子役であるが、いつの間にか彼も成人し、俳優人生と自身の人生を幸せに歩んでいるようだ。






Danmee公式SNS

最新ニュースタグ

おすすめニュース

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

RECENT TOPICs