BTS(防弾少年団)のV(ブイ)が、JTBCのリブートオーディション番組『シングアゲイン2』の参加者64号の映像に「能力者ARMY」というコメントを残したという。”成功したファン”となった64号は、彼に感謝を伝えた。

JTBC『シングアゲイン2』の64号が、自身の映像にコメントしたBTS(防弾少年団)のV(ブイ)に感謝を伝えた。

『シングアゲイン2』の参加者

『シングアゲイン2』の参加者、64号(画像出典:YouTube JTBC Entertainment映像キャプチャー)

本番組は、2020年11月16日から2021年2月8日まで放送され人気を博した『シングアゲイン』のシーズン2で、2021年12月6日より韓国で放送がスタートした。

世間がまだ気づいていない実力者や、一時は人気だったが今では忘れられた悲運の歌手など、”もう一度”チャンスが必要な歌手が、再び大衆の前に立つことができるようサポートする、新概念のリブートオーディションプログラムだ。

番組の特徴として、参加者は名前の代わりに”番号”で呼ばれる。

1月24日の放送では、TOP10決定戦に出場した無名歌手のステージが公開された。

この日、64号がステージに上がるとMCのイ・スンギは、「ものすごい方が映像にコメントを残したんだって?」と話を切り出す。

前回の放送で、BTSの歌に合わせてダンスを披露した64号は、「BTSのVさんが、”能力者ARMY(アーミー:BTSファンの名称)”というコメントを残してくれました」と明かした。

『シングアゲイン2』

Vが映像にコメントを残してくれたことを明かした64号(画像出典:YouTube JTBC Entertainment映像キャプチャー)

“成功したファン”であることを証明した彼女は、「この放送をVさんが見るかもしれないです。映像メッセージを送りましょうか?」というイ・スンギの提案に恥ずかしそうに笑い、「こんにちは。コメントを残してくれて、本当にありがとうございます」とあいさつした。

これに審査員のユ・ヒヨルは「V、兄貴だよ。アンテナにも一度コメントを残してくれたら嬉しいな」と話し笑いを誘った。

64号はTOP10決定戦で、チェ・ベクホの『道の上で』をギターなしで披露。「過ぎ去った縁を思いながら、心を込めて歌う」と話した彼女は、感性豊かな声と繊細な表現力で歌いこなし、感動を伝えた。

最年少参加者である64号は、1970年代の楽曲であるヨジンの『Longing Grows Stronger』を披露するなど、20歳という年齢が感じられない曲選択と感性で注目を集めた。

しかしその一方で、特技はダンスであると明かし、BTSの『I need U』をパワフルに踊る姿を見せ、この映像を見たVがコメントを残し話題になった。

ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。





この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs