• ケーブルテレビやOTTなどの登場でやや苦戦気味の地上波3局。
  • そんな3局が6月に新たな作品をお茶の間に届ける。
  • テレビ離れなどが進み、視聴率が低迷する中、過去の栄光を取り戻すことはできるのか?

韓流ブームを築き上げてきたKBS、MBC、SBSの地上波大手の3局。

昨今では、tvNやJTBCなどのケーブルテレビやNetflixなどのOTTが台頭し、視聴率の低迷やテレビ離れに悩まされている。

そんな大手3局が今年6月、”最後の一手”というかのように豪華キャストを迎えた作品をお茶の間にお届けする。

ナンバーズ:ビルの森の監視者たち (MBC)

6月23日(金)、初放送を迎えるMBC『ナンバーズ:ビルの森の監視者たち』。

高卒の会計士が巨大な会計法人の不条理に立ち向かい、”最も会計士らしく、最も会計士らしくない”方法で正義を実現していくヒューマンオフィスドラマ。

キム・ミョンス(INFINITE エル)、チェ・ジニョク、チェ・ミンス、ヨヌ(MOMOLAND出身)らが主演を務める。

画像出典:『ナンバーズ:ビルの森の監視者たち』(MBC)

このドラマを盛り上げるのは、チャン・ホウ役を演じるキム・ミョンスとハン・スンジョ役のチェ・ジニョク、ハン・ジェギュン役のチェ・ミンスの関係。

劇中に登場する、テイル会計法人の新米会計士チャン・ホウやエースの会計士ハン・スンジョ、そして副代表を務めるハン・ジェギュンらは社内でどのような関係を築き上げていくのか注目が集まっている。

さらにチャン・ホウに好意を抱くシニアマネージャーのチン・ヨナ(ヨヌ)との関係は、視聴者の興味を注ぐ要素が満載。

日本では放送・配信ともに未定。(2023年6月20日現在)


ナンバーズ:ビルの森の監視者たち

悪鬼 (SBS)

6月23日(金)にSBSにて放送開始する『悪鬼』。

実力派女優のキム・テリ、オ・ジョンセ、ホン・ギョンが主演を務めている。

本作は、悪鬼に取り憑かれた女性と、その悪鬼が見える男性が謎の死を遂げるミステリー・ホラー。

韓国ドラマのミステリージャンルの第一人者と称されるキム・ウニ作家の新作で、放送前にもかかわらず大きな期待が寄せられている。

画像出典:悪鬼(SBS)

この作品ではキム・テリとオ・ジョンセの”ケミ”も注目を集めている。

キム・テリは、自力で生活することができない母親の代わりに、昼はアルバイト、夜は公務員試験の勉強する平凡な女性ク・サニョンを演じる。

幼少期に亡くなった父親の遺品として受け取ってはいけないものを受け取り、悪鬼が少しずつサニョンの体に取り憑いていく。

オ・ジョンセ演じる民俗学の教授ヨム・ヘサン役は、幼少期から”鬼”と”神”を見ることができる人物。

母親を殺した悪鬼を探し出すために民俗学を専攻し、大学の教授となった。

十数年もの歳月を経て、ク・サニョンを通じ悪鬼と再会することになるのだが・・

日本では、Disney+にて6月23日(金)23時20分より毎週金曜と土曜に配信予定。(2023年6月20日現在)


悪鬼

胸が躍る (KBS)

6月26日(月)からKBSにて放送開始する『胸が躍る』。

日本で大人気のオク・テギョン(2PM)と、ウォン・ジアン、パク・ガンヒョン、ユン・ソヒが主演を務める。

画像出典:胸が躍る(KBS)

100年のうち、たった1日の違いで人間になることができなかった半人のバンパイア、ソン・ウヒョル(テギョン扮)と、全く人間味がないチュ・イネ(ウォン・ジア扮)がひょんなことから同じ屋根の下に住むことになり、真のぬくもりを取り戻していくロマンスストーリー。

バンパイアのロマンスという、超現実的なストーリーではあるが、視聴者が共感できる胸が躍るストーリーがふんだんに盛り込まれている。

他にも、洗練された魅力の持ち主で、不動産開発専門家シン・ドシク役はパク・ガンヒョンが、不動産投資家のナ・ヘウォン役にユン・ソヒがそれぞれ担当。

俳優陣の熱演と相乗効果、そして斬新なテーマがファンタジーマニアの興味を誘う。日本では6月26日にAmazon Primeにて独占配信予定。(2023年6月20日現在)


胸が躍る

ダンミ ニュース部

K-POP&韓国芸能ニュースの中から、皆さんの関心をキャッチして正確にわかりやすく翻訳し、お伝えします!

記事一覧を見る(3177件)





ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs