5月21日、チュ·ジンモの携帯電話をハッキングした犯罪組織の初公判が開かれた。チュ・ジンモのみならず、親友のチャン・ドンゴンの”役者キャリア”を仕留めたとされるカカオトークハッキング犯の正体はとは…

ブラウン管とスクリーンを行き来しながら、長年視聴者と映画ファンに愛された2人の俳優がいる。
チュ・ジンモとチャン・ドンゴン..誰もが一度は名前を聞いたことのある韓国を代表する俳優だ。

チュ・ジンモとチャン・ドンゴン

今年1月、チュ・ジンモのカカオトークハッキング事件によりネットではチュ・ジンモとチャン・ドンゴンの不適切なプライベートが広まった。チュ・ジンモは、会話内容が操作されたと主張している(写真出典:©スポーツ韓国)

2人は、今年1月にある犯罪組織のターゲットとなり、世間に知られたくない”プライベート”がネット上に広まってしまった。

事件の一部始終はこうだ。チュ・ジンモのスマートフォンのデータをハッキングした犯罪組織が、チュ・ジンモ側に多額の金品を要求 → チュ・ジンモ側は、これに応じず強硬策に乗り出すと明言する → これ以上、チュ・ジンモ側への脅迫は無意味と判断した犯罪組織が、チュ・ジンモが知人と交わしたカカオトーク(スマートフォンメッセンジャー)の内容をネット上にばら撒く。

(PR)衛生フェイスマスク50枚-980円(税別)/アルコールハンドジェル500ml-980円(6月3日までDanmee読者様キャンペーン)

チュ・ジンモのカカオトークは、本人のみならず、会話を交わしたとされる俳優にも災いが降りかかった。
正にチュ・ジンモの親友で、長い間韓流スターの一角を担ったチャン・ドンゴンである。
二人のカカオトーク会話を見ると、ファッションモデルやミスコリア出身の女性、芸能人らとプライベートで会い、ゴルフやパーティーをしようという会話で盛り上がっている。
チュ・ジンモは、カカオトークの内容が操作されたと主張しているが、あまりのリアルさが見る人を啞然とさせた。一部の韓国ネットユーザーは、二人の会話が事実であると決めつけて、”一発レッド”だと騒いでいた。

“事実or操作”が公論化され、その事実が明らかになる前に二人の”韓流貢献者”は、韓国芸能界を汚した重罪を問われるという境遇に立たされている。芸能人の”過去の不祥事”が、長らく語られる昨今の雰囲気を見ると、なおさら沈殿まではしばらく時間がかかりそうだ。
制作会社側からすれば、思わしくないレッテルが貼られた二人を起用するような勇気もなければ、冒険も避けたいもの。二人ともドラマや映画で主演級の俳優であるため、ファンにとっては非常に気の毒なことになった。

このように、二人の”役者キャリア”を仕留めた犯人は、一体どういう人物なんだろう。
5月21日、チュ·ジンモの携帯電話をハッキングした犯罪組織が、姉妹とその夫であることが分かった。彼らは初公判で容疑をすべて認めている。ソウル中央地裁刑事19単独の金成勲(キム·ソンフン)部長判事は21日、恐喝容疑で拘束起訴されたハッキング容疑者A氏(34・女性)と共犯2人の初公判を開いた。

 犯行の手口を詳しく伝える韓国・SBSニュース

8人の韓国芸能人がハッキングの被害に.. 犯行の手口を詳しく伝える韓国・SBSニュース(画像出典:SBSニュース スクリーンショット)

被告人はA氏姉妹とその夫で、”家族ぐるみの犯罪”であることが明らかになった。彼らは8人の現役芸能人の携帯電話をハッキングした後、脅迫し、そのうち5人から計6億1000万ウォンを受け取った疑いが持たれている。また、不特定被害者の裸体の写真を利用し、金品をゆすり取った容疑もかけられている。被告人らは、概ね容疑を認めていると伝えられた。

中国出身の4人は、現在は韓国国籍を取得している。主犯格のB氏は現在中国に逃亡しており、韓国警察が中国公安当局に共助捜査を打診しているという。



NetflixなどVODプラットフォームの普及や有力国際映画祭での快挙で、世界が注目している韓国エンターテイメント。
多くの韓国人俳優が、世界で活躍できるという明るい未来への希望を語りながら奮闘している一方で、”役者人生”を仕留められた2人の大物俳優を見守りながら、ほろ苦い思いをする人は少なくないだろう。事件の真相が一刻も早く明らかになることを願うばかりだ。