韓国人気俳優ヒョンビン(ハングル 현빈)が、次期作で女優ソン・イェジン(ハングル 손예진)と共演するにあたり、ドラマへの期待感と心境を告白した。

韓国ドラマ「シークレット・ガーデン」などに出演した人気俳優ヒョンビン(ハングル 현빈)が、女優ソン・イェジン(ハングル 손예진)との共演に期待感を表わした。

雑誌Esquire Korea(エスカイアコリア)は、9月号の表紙を飾ったヒョンビンのグラビアを20日に公開した。

ヒョンビン グラビア 近況

ヒョンビンが表紙を飾った雑誌のグラビアが公開(写真提供:©スポーツ韓国 画像出典:Esquire Korea)

今回のグラビアはエスカイアとスイスのあるラグジュアリー時計ブランドが、人類初の月面着陸50周年を記念して進めたスピードマスターコレクションのカバーグラビアだ。

グラビア撮影の会場に到着したヒョンビンは、次期作であるtvN新ドラマ「愛の不時着(仮題)」と相手役のソン・イェジンに対する愛情を表わして注目を集めた。

「愛の不時着」は「青い海の伝説」「星から来たあなた」などを執筆したパク・ジウン作家の新作で、映画「ザ・ネゴシエーション」以来、今一度再会したヒョンビンとソン・イェジンがどのような演技を見せるのか期待を集めている。

この日ヒョンビンは「相手役の予測できない演技を見て、素晴らしい魅力とピリッとした空気を感じる時があります。予測が出来ない相手の演技に僕も知らず知らずのうちに思わず出るリアクションに驚くときがあります。「ザ・ネゴシエーション」の撮影中、ソン・イェジンさんに所々そのような点が見られました」と語った。

さらに「それで再び共演してみたいと思いました。その時は(「ザ・ネゴシエーション」は別々に撮影したので)別の空間ではなく、同じ空間で目を見ながら演技をしてみたいと思っていましたが、その機会が早く訪れました」と期待感を表わした。

ヒョンビン ソンイェジン ドラマ

女優ソン・イェジンとの共演について心境を告白したヒョンビン(写真提供:©スポーツ韓国 画像出典:Esquire Korea)

またヒョンビンは2009年に、あるインタビューを通じて「30代半ばが全盛期であり、その頃には家庭を持ち、今よりもう少し安定していると思います」と話したことがある。

これと関連して彼は「家庭を持つことが出来なかったので、すでに半分は飛んでいきました。でも残りの半分は出来たように思います。安定感を取り戻してしっかりしたように思います。余裕もあり、仕事に対する好奇心と面白味、表現したいと思う気持ちがもっと増えました。また、作品もその時よりさらに沢山やらせてもらっているようです」と笑ってみせた。

二人が共演した「愛の不時着」は、ある日突風によるパラグライダーの事故で北朝鮮に不時着してしまった財閥の相続女性ユン・セリ(ソン・イェジン)と、彼女を隠して守る過程で恋に落ちる上級大将リ・ジョンヒョク(ヒョンビン)のラブストーリーを描いた作品で、今年の下半期に放送される予定だ。

一方ヒョン・ビンとソン・イェジンは今年1月に、アメリカで互いの両親を交えながら食事をしていたという証言とともに熱愛説が持ち上がった。当時ヒョン・ビンの所属事務所は「確認をした結果、事実無根だ。海外に行ったのは事実だが、ソン・イェジンとの噂は事実ではない」と、目撃談の内容を全面否定した。