10月15日、ハン・ソヒ主演ドラマ『マイネーム:偽りと復讐』がいよいよベールを脱ぐ。これまで演じて来た役柄とはひと味もふた味も違う、”復讐の怪物”へと化したハン・ソヒは、どんな姿を見せてくれるのか。そして放送前から話題性抜群の主演に抜擢された、ハン・ソヒの魅力はどんなところにあるのだろうか。

復讐の道を歩むことになった女性主人公が、男性を相手に立ち向かっていく姿を描いた、Netflix(ネットフリックス)新シリーズ『マイネーム:偽りと復讐』。

『マイネーム』ではこれまでに見せたことのないハン・ソヒの姿が

『マイネーム』では、これまでに見せたことのない女優ハン・ソヒの姿が。(画像出典:Netflixkr 公式Instagram)

ハン・ソヒがこれまで演じて来た役柄とは全く違う、ダークな役柄と演技を見せる復讐ノアール劇で、共演のパク・ヒスンは制作発表会で「最もホットな女優ハン・ソヒの、ハン・ソヒによる、ハン・ソヒのための作品だと思う」と、彼女を絶賛した。

(関連記事)ハン・ソヒ「女性が男性を制圧する方法教えます」Netflix 新作 韓ドラ 15日 公開

ハン・ソヒは、このドラマのビジュアルが公開されるまで、JTBC(Netflix)『わかっていても』に出演しており、愛は信じられないが、それでも恋してしまう20代の女性、愛らしいユ・ナビを演じていた。劇中、ソン・ガンと甘い甘い*ミルダンを繰り広げ「本当に付き合っているのでは?」と視聴者が錯覚したほどだ。

*ミルダン:押して引くという意味の韓国語。男女間の微妙な心理戦を意味する(出典:もっと! コリア)

彼女はJTBCドラマ『夫婦の世界』に出演したことで、”不倫女”という肩書きを持って世の中に顔と名前を広めた。それがわずか1年前のことである。

瞬く間に主役級の俳優へと成長したハン・ソヒには、どんな魅力があるのだろうか。

どんな役でも同性に嫌われない不思議な魅力

ハン・ソヒは、女優としてのキャリアはまだ浅い。デビューは2017年のSBS『ひと夏の奇跡~waiting for you(邦題)』である。

『100日の郎君様』では皇太子妃キム・ソヘを演じた。自らの野心を試みるのだが‥。

『100日の郎君様』では皇太子妃キム・ソヘを演じた。自らの野望のため、ユルが戻らないことを願ったが‥。(画像出典:tvN)

その後、MBC『カネの花~愛を閉ざした男~(2017)』、tvN『100日の郎君様(2018)』『アビス(2019)』と立て続けにドラマ出演を果たすのだが、新人ながら安定した演技力が買われてか、『カネの花~』にして早くも助演の座へと駒を進めることに。

そしていずれも、”女性”や”美貌”を武器にした役を演じており、ついにはその最たる力を発揮する”不倫女”として『夫婦の世界』に出演し、その名を知らせることとなった。

本来ならば、同性の敵を演じる場合、視聴者から嫌われる傾向にある。それだけ役を自分のものにして、見る者の心を掴んだことになるのだが、良い感情ではないだけに、時として”良い人”をやりたくなることがあるという。

しかし、彼女は違った。同性に嫌われる役でも構わない。作品と役に魅了されれば、どんな役も引き受ける。

そして不思議なことに、ハン・ソヒは視聴者から嫌われることがなく、むしろ同年代から、絶大な支持を得ることに成功しているのだ。

(関連記事)ハン・ソヒ「わかっていても」演技力とファッションで ‘ユ・ナビホリック’ 続出!

華やかなビジュアルで、出演する作品ごとに”ハン・ソヒファッション”、”ハン・ソヒメイクアップ”が話題を呼んでいたが、まさかの『夫婦の世界』をきっかけに、広告界から熱いラブコールが殺到した。

自身の生き方にブレがない=女性の憧れに

過去のインタビューを読むと、芯のある性格であることがうかがい知れる。

ハン・ソヒは、若かりし頃に体にタトゥーを入れていた(現在は消したという)。さらに、喫煙写真がネット上に出回るなどして、マイナス要素で話題の的になったことがある。

Instagramではオフショットも見せてくれる

Instagramではオフショットも見せてくれるハン・ソヒ。(画像出典:ハン・ソヒ 公式Instagram)

しかしこの件に関して「当時の姿も私、今の姿も私。その考えに変わりはない」と一掃。ネットユーザーも、彼女に続くかのように「時代遅れのアンチテーゼ」と、彼女を支持する声が多くあがった。

ただ、演技に関しては心境の変化が見られ、元々「(女優の)ロールモデルはいない」と言及していたものの『夫婦の世界』出演以降は「キム・ヒエさんのような素敵な俳優になりたい」と発言している。

わずか1年という時間の中で、彼女は着実に俳優としてのキャリアを積み重ね、同時にSNSを通して自身の魅力も余すことなく公開してきた。

演技者としてのハン・ソヒと個としてのハン・ソヒ。その魅せるギャップは男女を問わず、人々の心にスルリと入り込んだようだ。

いよいよ幕を開ける『マイネーム:偽りと復讐』

間もなく配信開始となる『マイネーム:偽りと復讐』。

「怪物になってもいい。お前は私が殺す」という、攻撃的なキャッチコピーとともに公開されたハン・ソヒのビジュアルは、右手にナイフを持ち、周りには血を流して横たわる人々が。

特殊メイクの中にどれだけ本当の傷があるのか。

特殊メイクの中にどれだけ本当の傷が隠されているのか‥。(画像出典:ハン・ソヒ 公式Instagram)

この作品のため、彼女は撮影の3カ月前からアクションスクールで特訓を始め、ほとんど代役を立てずにアクションシーンに挑んだ。

撮影中は生傷が絶えず、様々な症状が一度に現れ失神したことも。

それほどまでに心血を注いだ、彼女の単独初主演作『マイネーム:偽りと復讐』は、彼女の俳優人生に今後どう影響を及ぼすのか、この目で確かめてみたい。




最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

韓国女優 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース