韓国のイケメンアナウンサーハン・サンウンが、自身に向けられた疑惑のため、MCを務める番組を自主降板した。

韓国のイケメンアナウンサーの自主降板が話題となっている。

KBSアナウンサー ハン・サンホン

KBSアナウンサー ハン・サンホン(写真提供:©スポーツ韓国)

韓国KBSの男性アナウンサー ハン・サンホンが、自身が担当していたすべての番組から降板することが明らかになった。
20日ハン・サンホンアナウンサーは、KBSを通じて「正確な事実関係に基づいていない疑惑について、今後整理して明らかにする方針」と声明を発表した。

2011年KBSに入社し、爽やかなイケメンアナウンサーとしてお茶の間の人気を博してきた彼に一体何が起きたのか。

ハン・サンホンアナウンサーは’既婚男性’として入社し、熟男の魅力を放ちながら社会告発プログラム’追跡60分’のMCを務めるなど瞬く間に人気アナウンサーとしてポストを固めた。
バラエティー番組にもよく顔を出し、家族のエピソードを披露したり、SNSを通じて娘の顔を公開したりした。

アナウンサーとして順風満帆な道を歩んできた彼だが、過去遊興施設で働いていた女性と不適切な関係を持っていたとの疑惑が浮上した。
当初名前は公開されておらず、様々な憶測が飛び交っていたが、昨日20日暴露専門Youtubeチャンネル’カロセロ研究所(가로세로연구소)’が、渦中の人物がハン・サンホンアナウンサーであることを暴露した。

‘カロセロ研究所’の暴露によると、遊興施設で初めて会ったハンアナウンサーと従業員の女性A氏は、定期的に会い肉体的な関係を持ったが、A氏が二人の関係を暴露すると、ハンアナウンサーを脅迫、口止め料として3億ウォンを要求した。

‘カロセロ研究所’の運営者の一人、キム・ヨンホ氏は「局アナの給料事情を知らずに3億ウォンを要求したなんて笑える。人気フリーアナじゃないとそんな大金を用意するのは難しい。結局200万ウォンしかもらってないみたい」と、脅迫事件を皮肉ったと伝えられる。

暴露専門Youtubeチャネル カロセロ研究所

暴露専門Youtubeチャネル カロセロ研究所(画像出典:Youtubeスクリーンショット)

ハン・サンホンアナウンサーの脅迫事件と番組降板の報せを受け、韓国ネットでは「報道局のアナウンサーも夜遊びを楽しむね」「SNSに家族の写真をアップして真面目な面をしていたのに..」と、失望したという声が上がっている。

一方「カロセロ研究所の餌食になったな」「驚きはあるが、カロセロ研究所が良かれと思って暴露する行為はさすがに疲れる」など、最近歌手のキム・ゴンモや俳優のイ・ビョンホンの無差別な暴露を行った前歴を持つカロセロ研究所を批判する声も上がっている。

(関連記事)イ・ビョンホンとキム・ゴンモの過去を暴露した弁護士が見た地獄

ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。