3月9日に新曲‘Howling’でカムバックを果たしたVICTON(ビクトン)。2年ぶりとなる完全体でのカムバックに多くの期待が集まっていたが、カムバック2日後にメンバービョンチャンの負傷の事実が発表され、ファンからは多くの心配の声が聞かれている。気になるビョンチャンの病状は…? 

ビョンチャンの怪我に心配の声が集まっている。

昨年放送された「PRODUCE X 101」に出演していた事でも有名なVICTON(ビクトン / ハングル 빅톤)のメンバー、ビョンチャン(ハングル 병찬)。
先日メンバーと共にカムバックを果たした彼だったが、カムバック直後に頸椎椎間板ヘルニアが深刻化した事が発覚し、ファンからの心配を集めている。

首の負傷に心配が集まっているビョンチャン

カムバックの数日後に頚椎椎間板ヘルニアが深刻化していた事が発表されたビョンチャン…(出典:VICTON公式Twitter)

過ぎた9日、新曲‘Howling’と共にカムバックを果たしたVICTON。
彼らが完全体でカムバックするのはおよそ2年ぶりのことであり、ファンもメンバー達自身も今回の活動に大きな期待を寄せていた事が推測される。
しかしカムバック2日後の11日、彼らが所属するPlay Mエンターテインメントからは「ビョンチャンが予てより患っていた頚椎椎間板ヘルニアが深刻化し、10日に手術を行なった」との発表が行なわれた。

(PR)衛生フェイスマスク50枚-980円(税別)/アルコールハンドジェル500ml-980円(6月3日までDanmee読者様キャンペーン)

同時に「完全な回復のためにはパフォーマンスを行なうなどの激しい動きは行なってはいけない状況」という彼の現状も伝えられる事に。
この状況を踏まえ、所属事務所側は「アーティストのコンディションを最優先する」との決断を下し、ビョンチャンは今後のスケジュール及びパフォーマンスには経過を見ながら参加すると伝えた。

当発表を受け、ファンからは「手術を受けていただなんて…TT」、「誰よりも本人が一番辛くて悔しいだろうな…」、「申し訳ないとか思わずにゆっくり休んで回復してほしい」という彼を心配し、心を痛める声が多く聞かれた。

このようにファンから心配の声が多く聞かれる中、過ぎた12日に放送された韓国音楽番組「M COUNTDOWN」の収録に参加したビョンチャン。
激しい動きが行えないためパフォーマンスには椅子に座っての参加を余儀なくされたが、首の負傷に負けずステージに立った彼からは活動に参加したいという強い意志が感じられた。

首の負傷に心配が集まっているビョンチャン

激しく動けないために椅子に座ってパフォーマンスに参加したビョンチャン(出典:MnetK-POP公式YouTubeチャンネルキャプチャー)

この彼の様子はMnetの公式YouTubeチャンネルで確認する事ができ、現在当動画のコメント欄には「ビョンチャン痛い思いをしないでね(涙)」、「ビョンチャンが早く治りますように!」という彼を気遣うコメントが見受けられた。

ラジオ出演などの際には首にギプスを装着してスケジュールに参加していたビョンチャン。

首の負傷に心配が集まっているビョンチャン

ラジオ出演では首にギプスを装着している姿も見られることに…(出典:Play M公式Twitter)

負傷しながらも懸命に活動を行なう彼の早急な回復を祈らずにはいられない。


VICTON ‘Howling’ M COUNTDOWN ステージ(動画出典:Mnet K-POP)