「スンリ(V.I)の自宅で性接待行為をおこなった」と、BIGBANG(ビッグバン)の元メンバースンリの公判で衝撃的な証言が飛び出し、”男性芸能人の夜の解消方法”が注目されている。

BIGBANG(ビッグバン)の元メンバースンリ(V.I)の自宅で”性接待行為がなされた”という衝撃的な証言が出てきた。

スンリは現在、売春容疑、売春あっせん、特定経済犯罪加重処罰等に関する法律違反、業務上横領、食品衛生法違反、常習賭博、性的暴力処罰法違反、外国為替取引法違反など、計8つの容疑を受けており、今年3月に入隊したため、裁判は軍事裁判所へ移管されている。

軍事裁判所へ移管されているスンリ(V.I)の裁判

スンリ(V.I)の裁判は軍事裁判所へ移管されている(画像出典:SBS Entertainment)

12月9日、京畿(キョンギ)龍仁(ヨンイン)地上作戦司令部・普通軍事裁判所ではスンリの4次公判が行われ、この日、”スンリのカカオトークルーム”にいたスンリの友人とされる人物など3人が法廷に出席。

証人のうちの1人(仮にAさんとする)は、「2015年9月に、ソウル市内のスンリの自宅でスンリと性接待行為をおこなった。ただし、ユ・インソク氏(女優パク・ハンビョルの夫でユリホールディングス元代表)の指示であった」と証言した。

(関連記事)パク・ハンビョルとスンリ(V.I)、先輩の恋人から友人の妻まで切っても切れない腐れ縁

Aさんはこの日、「スンリの自宅だと知らなかったが、あっせん先との連絡でそこがスンリの自宅ということを知った」とし、「自宅に行くとスンリがいて、対価は後で第三者から受け取った。スンリの自宅まではタクシーで行き、タクシー料金も受け取った」と当時の状況を証言。

さらにAさんは、「2015年12月、ソウル市内のホテルで日本人を相手に、性接待をした。スンリの事業に投資していた人物だ」と、日本の有名女優の夫で投資家の実名をあげた。

長い間ビジネスパートナーとして関係を築いていたスンリとユインソク氏

スンリとユ・インソク氏は長い間ビジネスパートナーとして関係を築いていた(画像出典:スンリ SNS)

また、この日、他の被害女性(Bさん)も法廷で性接待と関連した証言を続けた。

Bさんは、「2015年のクリスマスシーズンに、見知らぬ人の車に乗ってあるマンションまで行き、1階エントランスに入る際にスンリの自宅であることを知った」とし、「自宅に入ると男性が3~4人いたが、下を向いていたため誰なのか見分けられなかった」と証言。

続けてBさんは、「性接待の当事者がユ・インソク氏であることは、顔を見て気付いた」としながらも、「当時、心の余裕がなかったため、その場にスンリがいたかどうかは覚えていない」と明かした。

裁判を前に、弁護側は女性の証言がメディアで公開されることは不適切であり、2次被害が懸念される点から非公開での証人尋問を要請。だが、検察側は「スンリは公人であり、国民の知る権利を守ることからも、国民に伝える義務がある」と非公開を拒否し、裁判部は検察側の意見を受け入れた。

大衆の関心が集中しているスンリの事件

今後スンリの事件がどのような展開を迎えるのか大衆の関心が集中している(写真提供:©スポーツ韓国)

これまでベールに包まれていた”売春あっせん”と”性接待行為”の事情が女性たちの証言によって明るみになり、これに一部のネットユーザーの間では「男性芸能人の夜の解消方法はこのようにして行われるのか」「全ての男性芸能人に当てはまるわけではないが衝撃だ‥」などの反応が寄せられている。

次回、スンリの5次公判は12月29日に開かれる予定で、今後またどのような証言が飛び出すのか、大衆たちはこの事件の行方を固唾を呑んで見守っている。

(関連記事)スンリ(V.I)の裁判は18禁? 韓国の俗語などが赤裸々に飛び交った証言



BIGBANG

BIGBANG(ビッグバン / ハングル 빅뱅)は韓国出身の4人組男性アーティストグループ。
メンバーはG-dragon、TOP、SOL、D-LITE(元メンバーV.Iは2019年3月に芸能界引退)で、YGエンターテインメントに所属している。2006年に韓国でデビュー。メンバーは、MTVコリアの「リアルドキュメンタリーBIGBANG」を通して選ばれた。
2006年デビュー後から若い世代のファッション、トレンドに大きな影響を与えたグループであり、これ以降にデビューするアイドルグループのコンセプトなどにも影響を与えたグループだ。

BIGBANG プロフィール&記事(250)

人気ニュース

BIGBANG 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース