過ぎた3月2日午後、日本のTwitterのトレンドランキングに浮上した’PRODUCE46’というワード。これを受けTwitter上では’PRODUCEシリーズ’の新シーズンが開始されるのではとの推測が浮上し、多くの人びとの混乱を呼んだ。

‘PRODUCE 46’という言葉がTwitter上を騒がせた。

日本で活動するアイドルグループ’AKB48’を初めとする48グループのメンバー達が参加した事で日本でも大きな注目を集めた’PRODUCE48’。
当番組から誕生したIZ*ONE(アイズワン / ハングル 아이즈원)が待望のカムバックを果たし、音楽活動を行なっている中、日本のTwitterトレンドランキングに’PRODUCE46’という言葉が浮上し注目を集めた。

‘PRODUCE46’という言葉がトレンドランキングに浮上したのは過ぎた3月2日の午後の事。
これに先駆けてTwitter上ではまるで’PRODUCE46’という番組が始まることを予告するかのような画像が拡散された。

'PRODUCE46' がTwitterで話題に

昨日Twitterを賑わせるきっかけとなった画像がこちら…(出典:Twitter)

’46’という数字がタイトルに入っている事を受けTwitter上では坂道グループと呼ばれる’欅坂46’、’日向坂46’等の一連のアイドルグループが参加する’PRODUCE シリーズ’の新シーズンが開始されるのではとの推測が数多くあがった。
同時にK-POPファンと坂道グループのファン達からは多くの動揺の声が聞かれることに。
その理由はIZ*ONEを一時活動中断状況に追い込み、更にはX1(エックスワン / ハングル 엑스원)を解散に追い込んだ’PRODUCEシリーズ’の順位操作事件の存在にあった。

この事件の発生にもかかわらず新たな’PRODUCEシリーズ’が幕を開けるかも知れないとの噂が拡散されると共にTwitter上では多くの反対の声が聞かれた。
こうした混乱が見られる中、今回の噂が流れるきっかけとなった画像の作成者がTwitter上に登場し、“噂の発端となった画像は2018年に個人的な趣味で作成したものだ”という説明を行なった。

また、AKB48や欅坂46等のプロデューサーとして知られる秋本康氏はトークライブアプリ’755’を通じて、「PRODUCE46とは何であろうか?」と’PRODUCE46’の存在を知らない事をうかがわせる書き込みを行なった。

'PRODUCE46'がTwitterで話題に

秋本康氏は’PRODUCE46’の存在を知らなかった??(出典:755)

これにより現在Twitter上では「’PRODUCE46’が開始されるのはデマであった」、と安堵の声が多く聞かれている。

一方、これまで’PRODUCEシリーズ’の制作、放送に携わってきたMnet及びCJ ENMからは’PRODUCE 46’に関する公式的な立場は発表されていない。
しかし、’PRODUCEシリーズ順位操作事件’が昨年世間を大きく騒がせたこともあり、少なくとも年内に’PRODUCEシリーズ’の新シーズンが放送される可能性は極めて低いと考えられるであろう。

IZ*ONE(アイズワン)

IZ*ONE(アイズワン / ハングル 아이즈원)は、韓国と日本合同のグローバルガールズグループである。
2018年に韓国の音楽専門チャンネルMnetで放送された日韓合同オーディション番組「PRODUCE 48」を通して、韓国の芸能事務所に所属する練習生57人、日本のAKB48グループに所属するアイドル39人、総勢96人の練習生から、韓国の視聴者投票で選ばれた12人のメンバーによって結成された。

IZ*ONE(アイズワン) プロフィール&記事(192)