TWICE(トゥワイス)のジョンヨンが、ワールドツアーのソウル公演に不参加を発表したことで、彼女の健康を心配する声が高まる中、ユーチューバーのイ・ジンホが、ジョンヨンがステロイドの副作用に苦しんでいると明かした。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

TWICE(トゥワイス)メンバーのジョンヨンが、ステロイドの副作用に悩まされているという予測が出た。

治療薬の副作用に悩まされていると報じられたジョンヨン

治療薬の副作用に悩まされていると報じられたTWICEジョンヨン。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

12月22日、YouTubeチャンネル『芸能大統領イ・ジンホ』には「TWICEのジョンヨン、気の毒な健康状態。太った本当の理由」と言うタイトルの映像が掲載された。

この日イ・ジンホは、ジョンヨンのオフラインコンサート不参加のニュースに触れ、「すでに2回も活動中断を宣言したが、コンサートを4日後に控え、突然大型イベントから外れた。納得しにくい部分は1つや2つではない」と話す。

そして、最近ジョンヨンが出演したブログやインタビュー映像などを根拠に、彼女がコンサートや今後の活動に対して、誰よりも強い意思を表していたことを強調。

ジョンヨンの状態を心配した彼は、彼女の健康問題に触れ、最近急に太った理由を「ステロイドの副作用のせいだ」と主張した。

また「ジョンヨンが、昨年10月に椎間板ヘルニアの手術を受けたが、ヘルニア患者の治療に最も多く使う薬の1つが、ステロイド剤だ。このステロイドの代表的な副作用の1つが浮腫(むくみ)」と説明。

「実際、関係者も”ジョンヨンが薬の副作用のせいで苦しんでいる”と話している。さらに”ステロイドの服用と食事療法を並行することが多いが、ステロイドのもう1つの副作用が食欲増進だ。ジョンヨンが、以前よりたくさん食べている姿が目撃されている”と話した」と言及した。

イ・ジンホは、芸能関係者が目撃した彼女の現状も伝えている。

その証言によると、休憩時間や舞台裏では、ジョンヨンの表情が暗かったようだ。活動は無理なくこなしたが、ため息をつく姿も度々目にするという。

今回のイ・ジンホの言及により、韓国ネットではステロイドについて関心が高まっている。

メディカル専門メディアのヘルス朝鮮(health.chosun.com)は、「医学界でステロイドは”奇跡の治療剤”という異名を持つが、その一方で、深刻な副作用がある」と警鐘を鳴らす。

同メディアが挙げた副作用は以下の通り。

  • 骨粗しょう症
  • 脱毛症
  • 高血圧
  • 皮膚トラブル
  • 免疫低下

近年韓国では、”短時間で筋肉が付く”と妄信され、ステロイドの含まれたプロテイン類を大量摂取した人が続出し、社会問題にもなっている。

ジョンヨンの場合、治療を目的とした使用ではあるが、様々な副作用の危険性と隣り合わせな境遇に立たされているのだ。

特に、使用が長期化すると、副作用の生じる可能性が高くなるため、早期完治もしくはステロイド使用の抑制が必要となる。

TWICEの所属事務所であるJYPエンターテインメントは、12月20日にファンページを通して、ジョンヨンがTWICE第4回ワールドツアーのソウル公演には参加しないと発表した。

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。



TWICE (トゥワイス)

TWICE (トゥワイス / ハングル 트와이스)は、2015年に韓国の音楽専門チャンネルMnetで放送されたサバイバルオーディション番組「SIXTEEN」を通して選ばれた9人のメンバーによって結成された。
グループ名の「TWICE(トゥワイス)」には、「良い音楽で一度、素敵なパフォーマンスでもう一度感動をプレゼントする」という意味が込められている。

TWICE (トゥワイス) 最新記事はこちら(639)






この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs