『2021 Mnet ASIAN MUSIC AWARDS』のグローバル記者懇談会が行われ、CJ ENMのキム・ヒョンス本部長が「今後は、音楽市場世界1位であるアメリカでの開催を考えている」と発言すると、ネチズンから批判の声が相次いだ。その理由とは?

CJ ENMが主催するアジア最大級の音楽授賞式、『Mnet ASIAN MUSIC AWARDS(以下、MAMA)』側が、今後米国で開催する意思を明らかにし、ネットユーザーからの批判が殺到している。

『2021 MAMA』は韓国で開催予定だ

今年は韓国で開催予定の『2021 MAMA』(画像出典:MAMA公式Twitter)

11月16日午前、ソウル中区小公洞(チュング ソゴンドン)のウェスティン朝鮮ホテルで、『2021 MAMA』のグローバル記者懇談会が行われた。

この日のイベントでCJ ENMのキム・ヒョンス本部長は、「『MAMA』は今や、世界中の音楽ファンと共にする、グローバルK-POP最高の授賞式だ。それにふさわしく、アジア地域及び隣接の市場へと開催地域を拡大し、音楽市場世界1位であるアメリカでの開催を考えている」と述べた。

この発言が報道された直後から、ネチズン(ネットユーザー)の批判が相次ぐ事態に。

一部のネットユーザーは「『MAMA』が”アジア”のミュージックアワードを目指しているにもかかわらず、キム本部長が、”K-POPの授賞式”だと言い切ったのは言語道断」と指摘。実際、これまでの『MAMA』出演アーティストを見ると、韓国で活動するK-POPアーティストが絶対多数だ。

また別のネチズンは、『MAMA』側の過去の準備不足による不手際を挙げた上で、「米国進出の話ではなく、まずは内部体制を見直すべき」と言及。『2020 MAMA』では、主人公であるアーティストを車で待機させ、授賞者の俳優に個別控え室を準備するという、差別議論が起きている。

(関連記事)『2021 MAMA』今年も韓国で開催‥ネチズンの反応は‘冷ややか’

『2021 MAMA』には、イ・ヒョリがホストとして出演。またライ・グァンリンを除くWanna One(ワナワン)メンバーの特別ステージ、イギリスのポップスターエド・シーランのステージも予定されているという。

(関連記事)Wanna One 再結成は1回のみ? Mnetの思惑と現実の温度差

12月11日午後6時より開催される『2021 MAMA』の主催者は、「今公演は、対面(オフライン)で行う」と発表している。

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

K-POP男性アーティスト 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース