KBS2の週末ドラマ『紳士とお嬢さん(原題)』の第1話が、9月25日に放送された。全国1日視聴率は22.7%(ニールセンコリア)と高視聴率を記録したが、この視聴率は歌手イム・ヨンウンのOSTのおかげだという。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

9月25日に初放送された、KBS2ドラマ『紳士とお嬢さん(原題)』第1話は、全国1日視聴率22.7%(ニールセンコリア全国基準)で1位を記録。また、全国基準で215万6000人が視聴したことが分かった。

『紳士とお嬢さん(原題)』は、韓国で土日に放送されるいわゆる週末ドラマで、全50話を予定している。愛と裏切り、欲望と嫉妬、母性愛と父性愛、責任と犠牲、傷と許し、出会いと別れ‥世の中に起こる多くの出来事を愉快で楽しく描いていくという。

甘い歌声でドラマ人気の一助となったイム・ヨンウン

甘い歌声でドラマ人気の一助となったトロット歌手のイム・ヨンウン。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

また、もう1社のリサーチ会社であるTNMSでも、19.4%で1位を獲得している。

このような高い視聴率には、“人気歌手”イム・ヨンウンがデビューして初めてオリジナルサウンドトラック(OST)に参加したということも、一役買ったものと見られる。

イム・ヨンウンの『愛はいつも逃げる』は、チャ・ヨンシル(オ・ヒョンギョン扮)とパク・スチョル(イ・ジョンウォン扮)が初めて出会うシーンに登場。わけあって出生届が出せない、娘のダンダン(イ・セヒ扮)と一緒に川に飛び込もうとするスチョルにヨンシルが「ダンダンを一緒に育てよう」と言いながら、涙で引き止めるシーンに挿入され、劇中の没入度を高めた。

イム・ヨンウンと言えば、人気トロット(日本で言う演歌)歌手として韓国では超有名な人物。TV Chosunのオーディション番組『明日はミスタートロット(以下:ミスタートロット)』で最終選考を勝ち抜抜き、トップ7のトロット歌手たちと”トロット界のBTS”、”お母さんたちのアイドル”などと呼ばれ、爆発的な人気を見せている。

(関連記事) HYBE とうとう韓国演歌界にまで?’中年女性のBTS’と称されるトロット王子とは

そんな“感性のプロ”イム・ヨンウンが『愛はいつも逃げる』でもその力量を発揮し、ドラマの視聴率を押し上げるとともに、甘いボイスでもう1つの“イム・ヨンウンの名作バラード”の誕生を知らせるのだった。

イム・ヨンウン『愛はいつも逃げる』(動画出典:YouTube 시사별*)
ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。



最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

K-POP男性アーティスト 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース