投票操作の疑いが持たれている、Mnetサバイバルオーディション番組『アイドル学校』のキムCPと、当時制作局長だったキム本部長に対する控訴審の追加公判が1月19日午前に行われる。2人は1審の判決を不服として控訴していた。(記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

投票操作の疑いが持たれている、Mnetサバイバルオーディション番組『アイドル学校』のキムCP(チーフ・プロデューサー)と、当時制作局長だったキム本部長に対する控訴審の追加公判が、1月19日午前に行われる。

『アイドル学校』

『アイドル学校』の制作陣に対する控訴審 追加公判が行われる(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

『アイドル学校』の判決公判は当初、同月14日に開かれる予定だったが、裁判所の判断により21日に延期されていた。

キムCPは『アイドル学校』放映当時、キム本部長と共に、2017年7月から9月まで視聴者投票を操作。放送局CJ ENMの業務を妨害した疑いと、モバイル投票に参加した視聴者に対する詐欺の疑いで、1審では懲役1年を言い渡された。しかしこれを不服として控訴。

2021年10月に開かれた控訴審2次公判で検察は、「この事件の本質は、すでに告知された投票方式に従って有料モバイル投票に参加した視聴者が、詐欺の被害を受けたということだ。放送中、画面に”重複投票は無効”、”時間外投票に対する告知”などを表示したとしても、瞬間的に表示されたものなので、認識することが難しい」と主張した。

これに対しキムCP側は「被害者の電話番号が伏せられているが、2回目に投票した人が、3回目、9回目にも投票できる。詐欺の被害者数が実際より多くカウントされている」と反論している。

裁判部は1審の判決公判で、キムCPの犯罪を有罪と判断し懲役1年、投票操作に一部加担した疑いが持たれているキム本部長には罰金1000万ウォン(約96万円)を言い渡した。

2人はこれを不服として控訴。その後、検察も控訴状を提出している。

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

最新ニュースタグ

おすすめニュース

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

RECENT TOPICs