2021年2月、(G)I-DLE(ジー・アイドゥル)のメンバー、スジンは”校内暴力疑惑”を暴露され、一時的に活動を中断していたが、最終的に脱退を発表した。この知らせを受けた一部のファンは激怒し、校内暴力の被害者とされる人物のソーシャルメディアを探し出し、悪質な書き込みをしたという本末転倒な出来事が起こっている。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

(G)I-DLEのスジンは、過去の校内暴力疑惑を暴露され活動を一時的に中断していたが、最終的に脱退となった。

(G)I-DLEを脱退したと発表したスジン

(G)I-DLEを8/14付けで脱退したと発表されたスジン。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

彼女の所属事務所であるCUBE(キューブ)エンターテインメント(以下、CUBE)は、8月14日に公式立場文を発表。「スジンに関する議論で、ご心配をおかけした点を心よりお詫びする。本日付けで、スジンの(G)I-DLE脱退が決定した」と伝えた。

続けて「今後、(G)I-DLEは5人体制で活動を続ける予定」とし「さらに成熟した音楽とステージをお見せできるよう、変わらぬ支援と最善の努力を尽くす」と付け加えている。

この知らせに、一部ファンが非常識な行動を取り議論が勃発。

オンラインコミュニティーなどで、スジンから校内暴力を受けたという被害事実を告白した、被害者A氏の実姉のインスタグラムアカウントを探し出し、悪質コメントを送っているというのだ。

(関連記事)「覚えてない」の一点張り!(G)I-DLEスジン校内暴力被害主張者の姉がア然

該当ファンの中の多くは、海外ファンであり「放っておかないからな」「愛する人を失ったのか?」「脱退までさせるべきだったか?」などの批判コメントを書き込むだけでなく、激しい悪口や、ダイレクトメッセージで嫌悪感ある写真を送った人もいるとされている。

疑惑は拭えないまま脱退と言う結末に

スジンの校内暴力議論は、2021年2月19日に浮き彫りとなった。

ソ・シネもスジンからいじめ被害を受けたと主張していた

俳優のソ・シネもスジンからいじめ被害を受けたと主張していた。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

被害者の実姉は、オンラインコミュニティーを通して、「スジンがトイレに私の妹や友人を呼び出し、頬を殴った」「妹はいじめを受けていた」と、具体的な被害内容を暴露。

また、自身のインスタグラムアカウントでも「いつも人の制服を着て、お金をゆすっていた」「オートバイに乗ったり、彼氏と一緒に飲酒と喫煙をしていた」と、妹の証言を掲載していた。

(関連記事)ビンタ、タバコ、侮辱、男とバイク‥(G)I-DLE スジンを待っている最悪のシナリオとは

そしてこの経緯の中、俳優のソ・シネも彼女のいじめ被害者だと主張。

しかしスジンは、「学生時代は目立ちたがり屋で、悪い噂が付いて回っていたのは事実だが、悔しい部分がある」と打ち明け「この友人には、ただの一度も暴力を振るったことはなく、万引きをしたこともない。ソ・シネ俳優様とは、話をしたこともない」と、関連疑惑を全て否定する。

するとソ・シネも反撃。「私をターゲットにした彼女は2年もの間、登校中、休憩時間の廊下、給食室、毎日どこでも不快な悪口と笑い声、根拠のない非難と人身攻撃をしてきた」とインスタグラムに書き込み、同ストーリーには「弁解は無用だ(None of your excuse)」という意味深な言葉を載せ、強硬に立ち向かった。

結局、スジンは約6カ月間この議論から逃れることはできず、解決の出口を見いだせないまま、グループ脱退という残念な結末を招いてしまった。

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。
*iframe

(G)I-DLE

CUBEエンターテインメント所属の(G)I-DLE は、2018年5月2日にデビューした韓国の5人組ガールズグループ。

韓国国籍のソヨン、ミヨン、タイ国籍のミンニ、中国国籍のウギ、中国(台湾)国籍のシュファで構成されている。

元々は6人体制でデビューしたが、2021年2月にメンバーのスジンが”校内暴力疑惑”を暴露され、一時的に活動を中断していたが、同年8月に脱退を発表。

その後は5人で活動を継続している。

(G)I-DLE プロフィール&記事(43)

最新韓流とK-POPニュース

最新ニュース

おすすめニュース