今月25日に除隊したEXOのD.O.は、その日の夜に除隊記念V LIVEを行いながらファンと交流し、アルバム準備中であることを明かした。このアルバムは、デビュー後初のソロ楽曲となるため、ファンの間で期待が高まっている。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

除隊したばかりのEXO(エクソ)D.O.(ディオ/本名ド・ギョンス)が、ソロアルバムを準備していることを明かした。

EXO_D.O.

除隊記念V LIVEでファンと交流しながらソロアルバムを準備中であることを明かしたEXO D.O.(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

今月25日夜、D.O.は除隊記念V LIVEを行いながらファンと交流。

帰還の挨拶をした後、ファンから「アルバム準備はどうなっている?」という質問に対して「一生懸命準備中だ」と答えた。

「曲の準備は終わって、今は歌詞作業を続けている。この作業が終わったら、すぐに録音してお聞かせする」と語っている。

このニュースを知ったネチズン(ネットユーザー)は、「ド・ギョンスのソロアルバム(泣)」「出たら必ず聞かなきゃ(泣)」「早く聞きたーい(泣)」「演技が先かと思ったけど、違うんだ」「*SM STATIONにアップされた曲、めっちゃ聞きました。楽しみ」などの反応を見せている。

*SM STATION:SMエンターテインメントのデジタル音源チャンネル。

これに合わせて、EXOのYouTube(ユーチューブ)チャンネルには、『That’s okay』のライブクリップ映像が公開されたが、わずか26分にして25万ビューに迫る視聴数を記録し、話題の大きさを立証した。

1993年生まれで満28歳のディオは、2012年にEXOとしてデビューし、2019年7月1日に入隊した後、首都機械化歩兵師団の猛虎部隊で調理兵として服務。先月28日から休暇を取り、新型コロナウイルスの防疫指針に従い、今月25日に未復帰のまま除隊している。

EXOではメインボーカルを務める傍ら、代表的な”*演技ドル”としても知られる彼は、SM STATIONチャンネルで、ソロ楽曲『Tell Me(What Is Love)』『That’s okay』を過去に公開。また、映画『明日へ(原題:カート/2014)』のOST『Crying out』、『あの日、兄貴が灯した光(原題:ヒョン/2016)』のOSTであり、韓国伝説のロックグループ”野菊”の曲をリメイクした『Don’t Worry』も披露している。

*演技ドル:アイドルでありながら、ドラマや映画で活躍する演技派俳優を表す言葉。

現在準備しているソロアルバムは、デビュー後初のソロ楽曲となるため、ファンの期待が集まっている。

(関連動画)EXO D.O.除隊と共に ‘That’s okay’ ライブクリップを公開!

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

EXO

EXO(エクソ / ハングル 엑소)は、SMエンターテインメント所属の男性アイドルグループ。 韓国人が8人、中国人が4人の計12人で構成され、2012年4月8日に韓国と中国でデビューした。その後、中国人メンバー3人が相次いで脱退し、現在は9人体制となっている。

EXO 最新記事はこちら(385)


[su_spacer size=”30″]



Danmee公式SNS

最新ニュースタグ

おすすめニュース

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

RECENT TOPICs