7人組ボーイズグループのDRIPPIN(ドリッピン)が、1月17日に新しいアルバムを発売する。異なる超能力を持つ”Villain”のストーリーを収録したプロローグ映像が、11月16日で事実上解散となったLOVELYZ(ラブリーズ)の公式アカウントをもジャックし、ネチズンから批判の声が挙がっている。(記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

7人組ボーイズグループのDRIPPIN(ドリッピン)が、1月17日に新しいアルバムを発売する。

これと関連してティーザーを公開し、SNSのイメージを変更したのだが、所属事務所であるWoollimエンターテインメント(以下、Woollim)が、他の所属アーティストのSNSアカウントにもこれを適用し、ネチズン(ネットユーザー)から批判を浴びている。

DRIPPINがカムバックする

1月17日にカムバックを控えているDRIPPIN(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

1月6日午前0時以降、DRIPPINをはじめとするWoollim所属アーティストの公式SNSの写真が、まるでハッキングされたように見えるイメージに変わり、視線を集めた。

これは、同月17日に発売予定のDRIPPINのアルバムと同名のタイトル曲『Villain』のコンセプトに関連したもので、火、稲妻、光、怪力、時・空間統制など、異なる超能力を持つ”Villain”のストーリーを収録したプロローグ映像は、カムバックに対する期待感を高めている。

メンバーの超能力の1つである”ハッキング”は、DRIPPINの公式SNS、YouTube(ユーチューブ)チャンネルをはじめ、Woollim所属アーティストの公式ツイッター、フェイスブック、YouTube、V LIVEチャンネルまで及んだ。

特にこれらのコンテンツは、事実上解散となっているLOVELYZ(ラブリーズ)の公式アカウントでも行われ、これを見たネチズンから批判の声が挙がった。

あるネチズンは「他のグループ、アーティストのアカウントまでジャックするのは、正直行き過ぎなんじゃないかと思ったけど、LOVELYZのアカウントまでやるなんて、度を越している」と憤りを露わに。

他にも、多くのネチズンが「事実上解散したアイドルのアカウントまで他グループの広報に使うのはどうなんだ?」「本当にひどい話」「いくら契約が終わってるとしても、LOVELYZのファンだっているのに‥」「むしろ反感を抱く」などの反応を示している。

一方、去る12月27日に公開されたカムバック予告映像の「YOU ARE HACKED(あなたはハッキングされた)」など、ミステリアスな広報戦略を駆使してきたDRIPPINなだけに「会社(Woollim)のアカウントがハッキングされているみたいな演出では?」という意見も寄せられている。

しかし「例え演出でも、LOVELYZファンへの配慮が足りない」「こんなやり方じゃ、逆にDRIPPINのアンチが増えるよ」と苦言するユーザーも。

これに先立ちLOVELYZは、2021年11月に公式ファンカフェを通じて、Babysoulを除いた7人(ユ・ジエ、ソ・ジス、イ・ミジュ、Kei、JIN、リュ・スジョン、チョン・イェイン)が、Woollimとの専属契約終了後、再契約を行わないことを発表。契約が終了する同月16日をもって事実上解散となっていた。

TOPSTAR NEWS 提供
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。Danmeeは読者様からフィードバックを大切にします。記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

[su_spacer size=”30″]




編集部おすすめ記事blank

こちらも投票お願いします!

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs