アメリカの伝説的シットコム、『FRIENDS』の特別編となる『Friends:Reunion』に、出演を果たしたBTS(防弾少年団)。しかし、公開された中国では、一部の内容を検閲したことが明らかになり、SNSアカウント停止処分に続き、暗雲が立ち込めている。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

アメリカの伝説的シチュエーション・コメディー『FRIENDS(フレンズ)』の特別編『Friends:Reunion(フレンズ・リユニオン)』に、BTS(防弾少年団)が出演した。

しかしそんな中で、中国では内容の一部が検閲にかけられていたことが判明し、注目を集めている。

せっかくの『FRIENDS』出演もBTSはカットの憂き目に‥。

せっかくの『FRIENDS』出演もBTSはカットという憂き目に‥。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

5月28日(韓国時間)、アメリカのバラエティーなど多くのメディアは、中国の*OTTサービスである『iQiyi(アイチー)』『Youku(ヨウク)』、『Tencent Video(テンセントビデオ)』などが『Friends:Reunion』に出演したBTSとレディー・ガガ、ジャスティン・ビーバーの出演分を検閲にかけたと報道。

*OTT:オーバーザトップの略称。インターネットを介し視聴者に直接提供されるストリーミングメディアサービスのこと。

これ以外にも、LGBTQ及び同性愛に関するシーンなどを始め、ジョイ役のマット・ルブランが、下着姿で登場したシーンなど、計6分ほどカットされたと伝えている。

『FRIENDS』は、中国国内でも絶大な人気を誇っていたたため『Friends:Reunion』放送決定の一報が入った際、大きな関心を集めたが、こうした一部のシーンがカットされたというニュースが知らされると、がっかりしたという反応を見せた。

BTSに限って言えば、2020年10月、韓米関係発展に貢献した功労賞”バン・フリート賞”を受賞した後、6月25日に言及しながら「韓国とアメリカは、ともに試練を経験した」といった趣旨の感想を伝えたが、このため「中国軍の犠牲に触れていない」「中国を侮辱した」という、強引な主張に悩まされた過去がある。

(関連記事)RMの政治的発言に中国が激昂‥BTSより先に動いた韓国大手企業の’苦肉の策’

レディー・ガガは、2016年にダライ・ラマに会ったという理由で、ジャスティン・ビーバーは、2014年に日本の靖国神社へ訪問した写真を撮ったことで、検閲対象にされたと見られる。

1994年から2004年まで、計10シーズンに渡り放送された『FRIENDS』は、国内外で人気を集め、実践英語を勉強するための教材としても、脚光を浴びている。

現在は、Netflix(ネットフリックス)がサービスを行っているが、契約終了に伴い、北米ではHBOマックス社でのみ視聴が可能となっている。そんなHBOマックスは、サービスローンチ後、最も多く再生数を記録している作品が『FRIENDS』だという。

以前より、新シーズンに対して関心が高まっていたが、HBOマックスのローンチと共に、主演のデヴィッド・シュワイマー、ジェニファー・アニストン、マシュー・ペリー、コートニー・コックス、リサ・クドロー、マット・ルブランが全員集まったのは、終映後から16年後のことだった。

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。



BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースによって誕生した。
BigHitエンターテインメントに所属している。
デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。
グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。
ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS プロフィール&記事(1485)

人気ニュース

BTS 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース