音楽と人々に向けたメッセージで旋風を起こし、韓国・アメリカ関係の発展に貢献したことが認められ、功労賞を受賞したBTS。リーダーRMが発言した受賞の心境に対して中国の世論が激昂した様子を見せている。

BTS(防弾少年団)が、韓米関係発展に貢献した功労賞”バン・フリート賞”を受賞して朝鮮戦争70周年について言及した中、中国ではこれと関連して”BTS不買運動”が続いている。

10月7日、アメリカの非営利団体コリア・ソサエティーが”バン・フリート賞”の授賞式をオンラインで開催。同賞は毎年、韓米関係の発展に貢献した団体・個人に贈られる賞で、BTSは音楽とメッセージでアメリカを含む全世界に旋風を起こし、韓米関係の発展に寄与したと評価された。

BTS(防弾少年団)

BTS(防弾少年団)(画像出典:JTBC News)

“バン・フリート賞”を受賞したBTSのリーダーRMは「今年の行事は朝鮮戦争70周年を迎えて意味が格別だ。僕たちは両国が共に体験した苦難の歴史と数多くの犠牲を永遠に記憶するだろう」と心境を伝えた。

これに、中国の一部のネットユーザーは、RMの発言のうち”両国”という表現に着目し、”韓国とアメリカ”を意味していると激怒。中国では自国軍が朝鮮戦争に参戦したことを、アメリカに対抗して北朝鮮を助けた”抗米援朝”と呼んでいるため、「中国共産軍の犠牲と、国家の尊厳を無視している」と敏感に反応し、「中国のARMY(アーミー:BTSのファン)から脱退する」「BTS関連ものは買わない」と熱をあげている。

この騒動を受け、いち早く動いたのが中国国内にある韓国企業だ。サムスン電子公式オンラインモールでは、BTS製品の紹介ページをクリックすると「ページを表示できません」という案内文が表示される。サムスン電子は国ごとに公式オンラインショッピングモールを運営しているが、日本では変らずBTS関連の製品紹介ページが見られるため、中国だけ関連ページを下げた可能性が大きいと見られる。

中国サムスン電子公式オンラインモール

中国サムスン電子公式オンラインモール(画像出典:samsung.com)

日本Galaxy特設ページ

日本Galaxy特設ページ(画像出典:galaxymobile.jp)

また、現代自動車もBTSの広告を下ろし、ファッションブランドFILA(フィラ)のBTS関連の商品PRもWeibo(微博:ウェイボー)から削除されたと中国メディアが伝えている。これに、韓国国内では「中国での韓国企業の損失が憂慮される」という内容が広がっているが、中国のネットユーザーからは「当然だ」との声も。

この騒動に加担するかのように、中国媒体はBTSに対して「BTSは過去にもインタビューを通じて”台湾を1つの国家として認識している”と発言したことがある」とし「国家の尊厳と関連する事項は絶対に容認できない」と、BTSの政治的発言を非難している状況だ。

中国現地では、2016年に韓国がTHAADミサイルの配備決定を公表して以降、韓国への報復措置として、韓流コンテンツや韓国企業への圧力である”限韓令”を下した前例がある。限韓令によって韓国芸能人の中国進出が行き詰まった状況の中で、BTSの発言に中国のネットユーザーが敏感になるほど、関心やファンが多いという間接的な証拠になるが、それでも”BTS不買運動”のような動きは限韓令当時を思い起こさせ憤りを感じる。




最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

BTS 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース