今月10日、BTSの公式YouTubeチャンネルに、彼らが韓服を着て撮影したコンテンツが公開されると、ネットユーザーから称賛の声が相次いだ。どうやら歴史的背景も影響しているようだが‥。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

韓国を代表するグローバルアイドルグループ、BTS(防弾少年団)が、民族の祝日である旧正月を迎え、韓服(ハンボク/韓国の伝統衣装)を着て撮影したコンテンツを公開。ネチズン(ネットユーザー)から称賛の声が相次いでいる。

韓服を着用して、ネチズンから称賛の声が相次いだ

韓服を着て撮影したコンテンツが公開されると、ネチズンから称賛の声が相次いだBTS(写真提供:Bighitエンターテインメント、ⓒ TOPSTAR NEWS)

今月10日、BTSの公式YouTube(ユーチューブ)チャンネル”BANGTANTV”に、『Let’s Make New Year Card』というタイトルの映像が公開された。

映像では、新年にあたり年賀状を作る過程が描かれ、メンバーたちは2、3人ずつのグループになり、韓服姿で登場。リレー形式で、3分ずつ順番に年賀状を仕上げていく。

メンバーの中でVとジョングクは、優れた絵の腕前で福袋を描き、2021年の丑年を象徴する”牛”を真ん中に描いて、J-HOPEとジンにバトンタッチ。2人は赤と青で福袋を塗り、国旗を思わせる色遣いに、「韓国みたい‥」と言いながら、塗り上げた。

完成した年賀状を手にしたメンバーは、「明けましておめでとうございます」と言い、視聴者に向かって韓国式の挨拶を見せて映像を締めくくっている。

この映像が各種コミュニティーに広がると、韓国のネチズンはBTSの行いに拍手を送った。ますますエスカレートしている中国の“*東北工程”論議で抑圧されている中でも、屈せず韓国文化を世界に伝えようとするBTSの行動を誇らしく、頼もしいという反応だ。

*東北工程:中国が、高句麗(こうくり)・渤海(ぼっかい)の歴史を自国の歴史に編入しようとする歴史わい曲のこと。

昨年12月BTSは韓服に関連して、一度中国のネチズンから批難されたことがある。当時BTSは、海外の有名ファッションメディアのインタビューで、好きなファッションとして「韓服」を挙げている。

SUGA(シュガ)は、舞台衣装として着た韓服について、「大韓民国の伝統服とスーツをミックスマッチして着たけど、よく似合ってたと思う」と言い、ジョングクは英語で「Korean culture(韓国の文化)」と表現し、同意した。

そのインタビューが公開されると、中国のネチズンは「知能的に朝鮮戦争から、韓服まで語るのは気に触る」という言葉でBTSを攻撃。さらには「海外メディアとのインタビューでは、中国の立場を常に考えて話してほしい」という反応も見せた。

このような突拍子もない攻撃をものともせず、彼らはここまで信念を守ってきている。

今回の韓服映像を見たネティズンたちは、「わ~本当に頼もしい(笑)」「中国人が、また”わなわな”しちゃうかもね」「BTS、地味にこういうことやるよね」「外国人メンバーがいないのが神の一手のよう」「中国がいくら暴言を吐いても、マイウェイなのがかっこいい」などと反応している。

(関連記事)BTSの公式YouTubeチャンネル『Let’s Make New Year Card』を見る(外部リンク)

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。



BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースにより誕生した。

HYBE(旧Big Hitエンターテインメント)所属。

デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。

ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS プロフィール&記事(1679)

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

BTS 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース