世界の数多くのメディアと公式アカウントを、BTS(防弾少年団)の”ジミン病”へと導いた『グラミー賞』のビハインド映像が公開された。”プロ”としての風格を見せるジミンが着用した製品の”品切れの乱”は、留まるところを知らないようだ。(記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

BTS(防弾少年団)が『第63回グラミー賞』(以下、グラミー賞)で披露した『Dynamite』パフォーマンスの収録準備やリハーサル、授賞式当日の様子を収めたビハインド映像を公開した。

『第63回グラミー賞』で『Dynamite』のパフォーマンスを披露したBTS

BTSは『第63回グラミー賞』で『Dynamite』のパフォーマンスを披露した(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

撮影の舞台は、ジミンのデビュー8周年を祝う広告で話題になった、ソウル最大の百貨店”現代百貨店”の屋上ヘリポート。

普段から「高い所は、エレベーターに乗るだけでも怖い」と言うジミンは、屋上での撮影にとても緊張している様子。しかし撮影が始まると表情が一変、圧倒的なカリスマ性を発揮する。最後までライブとパフォーマンスを完璧にこなし、周りから感嘆の声が上がった。

『グラミー賞』でのパフォーマンス公開当時、SNSでは「黄色いシャツを着た男性は誰?」という爆発的な反応が湧き起こり、ビルボードニュース、英メディアのMetro、ファッション誌In Styleなど、世界で80以上のメディアと公式アカウントがジミンに賛辞を送っている。

中でも、ツイッターミュージックは「ジミンはルーブル美術館に掲げるべきだ」と、最大級に称賛。

BTSのメンバー、ジミンはひときわ注目を浴びた

ひときわ注目を浴びたBTSのメンバー、ジミン(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

ビハインド映像公開後、彼が身に付けたものは瞬く間に話題となる。映像で着ていたTシャツ、ステージで着用した890ドル(約10万円)の高価なイヤリング、授賞式後にNAVERのV LIVEで着ていた赤いパーカー‥これらはことごとく品切れになり、”ブランドパワー”を如実に見せつけている。

それだけではない。最近『Global Citizen Live』のステージで履いたブーツ、イギリスのロックバンドであるColdplay(コールドプレイ)とコラボレーションした楽曲のミュージックビデオで着用したブラウンカラーのジャケットまでも品切れにし、世界的影響力を再認識させた。

(関連動画)BTS Coldplayとのコラボ曲 ‘My Universe’ MV解禁!‥まるでSF映画

映像の中で彼は「『グラミー賞』のステージに、グループ単独で立つことができて光栄です。何よりも、僕らのパフォーマンスをする姿をお見せしたかったです。僕たちがパフォーマーとしてステージに立つことを、ファンの皆さんが一緒になって喜んでくれていると思うので、その声に応えるために一生懸命努力しています。早く世の中の状況が良くなり、ツアーを通して皆さんとお会いできる日が来てほしいです」と伝えた。

また、「多くの方々が(グラミーの結果を)期待して下さっていることと思いますが、僕たちも同じ気持ちだと思います。結果にこだわらず、努力し続けるチームになるので、これからも見守って下さい。感謝してもしきれません」とコメントしている。

BTSは、10月2日に開かれた音楽授賞式『2021 THE FACT MUSIC AWARDS』で5冠に輝き、4年連続大賞受賞の大記録を打ち立てた。


『第63回グラミー賞』ビハインド(動画出典:YouTube BANGTANTV)
ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースにより誕生した。

HYBE(旧Big Hitエンターテインメント)所属。

デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。

ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS プロフィール&記事(1728)

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

BTS 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース