中国メディアが、度を越したフェイクニュースを乱発している。韓国の伝統文化の所有権の主張もさることながら、今度は再びBLACKPINKを標的に据えた。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

中国メディアの”東北工程”のための、こじつけ記事が限度を超えている。

東北工程とは、中国で満州地方の地理や歴史、民俗問題などを研究する国家の研究事業に、現在の中国領土で展開された全ての歴史を、中国の歴史にするため2002年から推奨されているというもの。

最近ではキムチやチマチョゴリなど、韓国伝統文化の所有権主張をしており、続けて再びBLACKPINKに引き金を引いた。

中国メディアの標的にされたBLACKPINKのジェニー。

中国メディアの標的にされてしまったBLACKPINKのジェニー。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

中国の一部のネットユーザーは、1月31日に開催されたBLACKPINKのオンランインコンサートで、ジェニーが着用していた赤い衣装を「中国の子供を真似している」と指摘。

また「中国のスタイルが、何年後かの韓国スタイルと呼ばれるかもしれないが、どのように盗難できるだろうか」「韓流は中国の要素を多く使用している」と声高に叫んだ。

過去には、彼女たちの番組でパンダと触れ合う姿を見て「パンダを素手で触った」とも避難している。

(関連記事)また中国が反発‥BLACKPINK、素手でパンダに触って「国宝毀損」

当時、中国メディアはBLACKPINKが飼育員の指導を受けた上で触れているだろう事などを無視して「BLACKPINKが手袋をせずに、パンダを不法に触った」と一斉に報道。これを受けて、BLACKPINK側が該当動画の配信を停止する事態にまで発展している。

しかし、中国のバスケットボール選手がパンダ研究所の行事に参加した際、幼いパンダを素手で抱えて記念撮影をしていた事が判明したために多くのネットユーザーから”強引な批判だ”という声が殺到する事となった。

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。



BLACKPINK

BLACKPINK(愛称 ブルピン / ハングル 블랙핑크)は、韓国のガールズグループ。2016年にYGエンターテインメントによって結成。
メンバーは韓国出身のジス、ジェニー、オーストラリア出身のロゼ、タイ出身のリサによる4名。公式ファンクラブ名は「BLINK(ブリンク)」。

BLACKPINK プロフィール&記事(276)

人気ニュース

BLACKPINK 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース