韓国の大手企画会社SMエンターテインメントのボーイズグループ(SHINee、EXO、NCT127、WayV)から選ばれた7人のメンバーで構成されたSuperM(スーパーエム)。ローンチ記者会見の際にメンバーそれぞれが心境を打ち明けて、歌謡界での新たなスタートを予告した。

SHINee、EXO、NCT127、WayVのメンバー7人で構成された、SMエンターテインメント(以下:SM)のイ・スマン プロデューサーの野心作、SuperM(スーパーエム / 슈퍼엠)が、歌謡界に出撃する。

SuperM スーパーエム

SuperM(スーパーエム)が遂に始動!!(写真提供:©スポーツ韓国)

10月2日午前、ソウル・龍山区(ヨンサング)ドラゴンシティーコンベンションタワーでは、SuperMの立ち上げ記念となるローンチ記者会見が開かれた。

この席にはテミン(SHINee)、ベクヒョン・カイ(EXO)、テヨン・マーク(NCT)、ルーカス・テン(威神V(ウェイションブイ / WayV))が参加。

この日、自身をチームのリーダーだと紹介したベクヒョンは「それぞれのチームから選ばれたメンバーが集まり、とても嬉しくて、才能のあるメンバーばかりなので練習の時もすべての事がスムーズに進みました」とコメント。

さらに「一人一人の個性と実力、経験を通じてスーパーシナジー(相乗効果)を出すことが僕たちの目標です。様々な姿を披露してスーパーパワフルな姿をお見せします」と自信感を表わした。

EXO エクソ ベッキョン

チームのリーダーEXOのベクヒョン(写提提供:©スポーツ韓国)

SuperMの「M」は「MATRIXとMASTER」の略字で、グローバルな音楽ファンたちを導く代表スターであり、専門家として優れた才能を持つアーティストが集まってスーパーシナジーをプレゼントするという意味が込められている。

各グループからどのようにしてメンバーが選ばれたのかという質問に、ベクヒョンは「イ・スマン先生のピック(Pick)でした。僕たちの中で“スマンピック メンバー”と呼んでいます」と伝えた。

また、ベクヒョンは「イ・スマン先生が初めて収録室に来られた際、ディレクティングを直接し、ミュージックビデオの撮影現場でも多くのアドバイスをしてくださいました」と、イ・スマン プロデューサーがアルバムに多くの力を注いだという秘話も打ち明けた。

10月4日に公開される初のミニアルバム「SuperM」のタイトル曲「Jopping」は、エネルギーあふれるサウンドが特徴的なエレクトリック ポップ ジャンル曲で、「僕たちだけのステージを熱くして楽しもう」というメッセージが込められている楽曲だ。

4つのボーイズグループのメンバーたちが集まっただけに、彼らが作り出すステージカラーに対しても関心が寄せられ、カイは「どんなステージカラーなのか説明するには難しいですが、パフォーマンスに優れているメンバーが集まったので、素敵なステージを披露できるということは確実です」と自信溢れる様子を見せた。

exo エクソ カイ

チームカラーについて語るEXOのカイ(写提提供:©スポーツ韓国)

また、ベクヒョンは「各自チームカラーがありますよね。すべての色が集まると黒になりますが、僕が思うに、どこにも混ざらない黒いカラーがSuperMのカラーとしていきたいです」と伝えた。

アメリカ市場を狙っていくSuperMだが、プレッシャーは無いかとの質問に、テミンは「僕がデビューした2008年には、日本や中国などアジア圏で主に活動しました。コンサートツアーなどでアメリカに訪れた時、現地の方々が自身たちの音楽を楽しんでいることがとても夢のようでした。今回はスタートからアメリカに行くことが夢のようで“アベンジャーズ”という修飾語に似合った姿を披露したいです。今後ますます成長していくSuperMになりたいです」と心境を明かした。

shinee シャイニー テミン

SuperMとしての意気込みを語るSHINeeテミン(写提提供:©スポーツ韓国)

SuperMの1stミニアルバムは、10月4日午後6時に各種韓国内の音楽サイトで公開され、5日にはアメリカ・ハリウッド・キャピトル・レコード・タワーで野外ショーケースを開催して新曲ステージを初披露する予定だ。


SuperM 「Jopping」MV ティーザー(動画出典:SMTOWN
ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。