【韓国見出し】韓国メディア・韓国経済は『”ジェシカが犯罪者でもないのに‥” ユ・クイズの少女時代の写真に甲論乙駁』という見出しを打ち立て、少女時代(SNSD)の写真から消されたジェシカと韓国ネットの反応を詳しく紹介した。

tvNの人気バラエティー番組『ユ・クイズ ON THE BLOCK(以下、ユ・クイズ)』側のある編集が、議論を呼んだ。

その議論とは、”消されたジェシカ”。そう、人気アイドルグループ少女時代(SNSD)の全盛期をけん引した、あのジェシカだ。

少女時代 元メンバー ジェシカ

少女時代 元メンバー ジェシカ(写真提供:©TOPSTAR NEWS)

去る12月1日『ユ・クイズ』には、SMエンターテインメントからHYBEへ移籍したアイドルクリエイティブディレクター、ミン・ヒジンがゲスト出演。過去、少女時代を企画・排出したビハインドを披露した。

問題となったのは、番組制作側が準備した資料画像。全盛期真っ只中、スキニーパンツを着用した9人のメンバーが写っているかと思いきや、なぜか8人しかいない。しかも違和感を全く感じさせない出来栄えだった。

少女時代 編集された写真

ジェシカの姿はどこへ? 元の写真(上)と編集された写真(下)(画像出典:韓国オンラインコミュニティー)

この日制作側は、かなり手をかけて、ジェシカをきれいに(?)消してみせたのだが、制作側の大きなお世話を巡り、韓国ネット上では議論が巻き起こっているという。

本日(12月2日)、韓国大手経済メディア・韓国経済(hankyung.com)は『”ジェシカが犯罪者でもないのに‥” ユ・クイズの少女時代の写真に甲論乙駁』という見出しを打ち立て、韓国ネットの反応を詳しく紹介した。

同メディアが伝えたネットの反応を見ると、「合成編集のようだが、上出来」「ジェシカ自らチームを抜けたから、ファンに配慮したのでは?」と、制作側の腕前に感心した様子と、制作側の意中を推し量るようなコメントも見られたが、その一方で「(脱退したとしても)過去の活動写真くらいは関係ないのでは?」「犯罪者でもないのにひどい」と、”行き過ぎた編集だ”との指摘も寄せられている。

このようにーー番組の出演映像や画像は編集されるケースが近年非常に増えており、主にその対象になるのが、社会的な物議を醸した芸能人が多い。最近だと、元交際相手に「中絶を強要された」と暴露された*キム・ソンホ(キム・ソノ)が、レギュラー出演中のKBSバラエティー番組『1泊2日』で、出演分量がきれいに削除され話題となった。

*暴露後、これに反論する報道も出たが、元交際相手もキム・ソンホも、同事案に対して黙秘を貫いている状態。

ジェシカ

2007年デビューし、少女時代の人気を支えていた1人、ジェシカ(画像出典:韓国オンラインコミュニティー)

2014年に少女時代を脱退した後、交際中の男性とアパレルブランドを立ち上げるも、今年9月、債務不履行により香港の企業が訴訟を起こしたと報道されたジェシカ。しかし、訴訟の進捗や結果についての後続報道はなく、その真相は明らかになっていないため、”物議を醸した”と断定するには少し早い感もある。

(関連記事)元少女時代 ジェシカが債務不履行? 交際8年の彼氏に集まる関心

tvN側の意図は不明だが、現在もアパレル企業の代表で、有名インフルエンサーとしてファンから厚い支持を受けているジェシカが、かつての輝きを失い、韓国芸能界では”トラブルメーカー”になりつつある印象は消せない。

2007年に結成された、アジアを代表するスーパーアイドルグループを支えた1人が、その全盛期の記憶までも消されている。




少女時代

2007年に、SMエンターテインメント練習生の中から選抜された9人のメンバーによって『また巡り逢えた世界』でデビュー。2009年に発表した『Gee』は日本でも大ヒットとなり、日本でも精力的に活動していた。

2015年にジェシカが脱退し、現在は8人組として活動している。2017年に、ティファニー、スヨン、ソヒョンがSMとの契約を満了したがメンバーは”少女時代は変わらず8人”と言及している。

少女時代 プロフィール&記事(69)

最新韓流とK-POPニュース

最新ニュース

おすすめニュース