今から13年前の2009年、少女時代(SNSD)が『Gee』を発表した。翌年の2010年には、同名の日本語版がリリースされ、爆発的な人気を得た。日本では、韓国の女性アイドルは、男性アイドルよりも注目度が低かったが、この『Gee』の発表により、女性アイドルへの関心が高まっていった。

日本では、韓国の女性アイドルは、男性アイドルより注目度が低かった。

しかし2009年、少女時代(SNSD)の『GEE』の発売により、一気に女性アイドルグループへの関心が高まっていった(翌年の2010年、同名曲の日本語版が発売された)。

当時、彼女たちの美脚を強調したファッション(スキニーパンツ)や、ダンスが大ヒット。日本でも社会現象を巻き起こすほどの人気を獲得したのだ。

少女時代

少女時代(画像出典:namu.wiki)

そんな日本で大ヒットした少女時代は、日本の男性芸人の中に熱狂的なファンが多かったことでも有名。

お笑いタレントの今田耕司は、少女時代のファンであると公言している。

彼は、少女時代の日本初ファンミーティングで司会を務めたことがり、また『Time Machine』のミュージックビデオのティーザーに出演したこともある。

ナインティナインの岡村隆史も、少女時代に魅せられた芸人の1人。

ラジオで少女時代について頻繁に言及し、車に少女時代のクッションが置いてあったというエピソードも。

このように少女時代は、”不動のK-POP女性アイドル”として君臨した。

少女時代

(画像出典:YouTube SMTOWNキャプチャー)

以降、KARA(カラ)、2NE1(トゥエニィワン)、AFTERSCHOOL(アフタースクール)、T-ARA(ティアラ)など、多数のK-POPガールズグループが、日本で人気を博した。

KARAは、2007年にDSPメディアからデビューした4人組のアイドルグループ。2010年に『Mister』の日本語バージョンで日本デビューした。

少女時代と共に、日本におけるK-POPブームの火付け役としても知られており、2011年には『NHK紅白歌合戦』に出場。

2016年から現在まで、活動を休止している状態だ。

2NE1は、2009年にYGエンターテインメントからデビューした4人組アイドルグループ。日本デビューは2011年。

“BIGBANGの妹分”、”女性版BIGBANG”と言われ、デビュー前から人気を独占。

これまでのガールズグループにはなかった”強い女性像”で、K-POP界にガールクラッシュというジャンルを開拓したグループだ。

AFTERSCHOOLは、PLEDIS(プレディス)エンターテインメントから初のアイドルグループとして、2009年にデビューした。

メンバー全員が長身で、抜群なスタイルとハイレベルなダンスやパフォーマンスで、ファンを魅了。

現在、在籍メンバーはナナ1人のため、事実上活動が停止された状態である。彼女たちは2011年に1stシングル『Bang!』で日本デビューした。

(関連記事)知ってましたか? AFTERSCHOOL 現在のメンバーはナナ1人だけという事実

T-ARAは、2009年にMBKエンターテインメントからデビュー。日本デビューは、2011年。

6人組ガールズグループとしてスタートしたが、脱退や加入を繰り返し、現在は4人組である。

2017年以降目立った活動がなかったものの、昨年11月に、4年ぶりとなるアルバム『Re:T-ARA』をリリース。制作費を全てメンバーが出資したことでも大きな話題となった。

(関連記事)少女時代と共に一世風靡‥T-ARA ’自費投資’ で4年ぶりにカムバック!



少女時代

2007年に、SMエンターテインメント練習生の中から選抜された9人のメンバーによって『また巡り逢えた世界』でデビュー。2009年に発表した『Gee』は日本でも大ヒットとなり、日本でも精力的に活動していた。

2015年にジェシカが脱退し、現在は8人組として活動している。2017年に、ティファニー、スヨン、ソヒョンがSMとの契約を満了したがメンバーは”少女時代は変わらず8人”と言及している。

少女時代 最新記事はこちら(116)





編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs