SHINeeのメンバーで、昨年亡くなったジョンヒョンの遺族が、青年芸術家を支援するための財団「빛이나(ビチナ)」を設立した。

ボーイズグループSHINeeのメンバーで、昨年亡くなったジョンヒョンの遺族が、青年芸術家を支援するための財団「빛이나(ビチナ)」を設立した。

ボーイズグループSHINeeのメンバーで、昨年亡くなったジョンヒョン

ボーイズグループSHINeeのメンバーで、昨年亡くなったジョンヒョン(出典:instagram)

ある媒体は6日、公式Instagramを通じて、ジョンヒョンの母イ・ウンギョンさんとのインタビューを公開。その中でイ・ウンギョンさんは、家族が力を合わせて「ビチナ」を設立し、6日に清潭洞で創立式を行ったと発表した。

この財団は、若い文化芸術家の心を癒やすための心理カウンセリングの治療センターを設立することを主な目的とし、所属事務所がなく苦しんでいる青年芸術家を助ける予定であり、芸術系の高校とともに、奨学事業も行うという。

加えて、毎年12月にジョンヒョンを追慕するための「ビチナ芸術祭」を開催する予定だ。「ビチナ」のすべての運営資金は、ジョンヒョンが残した音楽の著作権料をもとに運営されるという。

ジョンヒョンの遺族が、青年芸術家を支援するための財団「빛이나(ビチナ)」を設立

ジョンヒョンの遺族が、青年芸術家を支援するための財団「빛이나(ビチナ)」を設立(出典:instagram)

ジョンヒョンは昨年12月18日、突然この世を去った。その後今年1月にはジョンヒョンの最後の遺作アルバム「Poet Artist」が公開された。タイトル曲「빛이나」は、ジョンヒョンが作詞、作曲、編曲した曲で、公開直後に各種音源サイトで上位圏にチャートインし、関心を集めた。

当時、彼の所属事務所SMエンターテインメントは「誰よりも音楽を愛し、音楽を介してコミュニケーションを取ろうと努力したジョンヒョンの心が、みなさんによく伝わるように願っている」と述べていた。

▼빛이나(ビチナ)/ジョンヒョン▼

[korea_sns_button] [reaction_buttons]