ボーイズグループSHINee(シャイニー)のジョンヒョンが12月18日に2周忌を迎え、ファンや芸能界の知人たちからの追慕が続いている。煌びやかに輝くトップアイドルが、享年27歳というあまりにも若くしてこの世を去ってしまったことに、当時は音楽業界はもちろん、ファンたちにも大きな衝撃を与えた。

SMエンターテインメントがSHINee(シャイニー)のメンバー故ジョンヒョンの2周忌を迎えて追慕のメッセージを残した。

12月18日、SMエンターテインメントの公式SNSアカウントに「あなたを愛しています」という文と共に、ジョンヒョンが生前ステージに立っていた姿の写真を掲載した。

故ジョンヒョンに向けて追慕の意を伝えた所属事務所

故ジョンヒョンに向けて所属事務所が追慕の意を伝えた(写真提供:©スポーツ韓国 画像出典:SM Entertainment)

ジョンヒョンは2008年、SHINeeのメンバーとしてデビューしたのち「お姉さんはとてもきれい(Replay)」「Ring Ding Dong」等のヒット曲で多くのファンたちから愛と声援を受けた。

ルックスはもちろんのこと、優れた歌唱力を誇るジョンヒョンは、SHINeeの「Juliette」「慾(Obsession)」「Honesty」、テミンの「Pretty Boy」などの楽曲の作詞に参加。

さらに、IU(アイユー)の「憂鬱時計(A Gloomy Clock)」、ソン・ダムビの「Red Candle」、EXO(エクソ)の「PLAYBOY」、イ・ハイの「BREATHE」など数多くの楽曲で作詞・作曲を手掛けて、トップアイドルとして活動する傍ら、高いプロデュース能力を発揮し、その実力を認められていた。

特に、2014年から2017年の4月まではMBC FM4Uラジオ「青い夜 ジョンヒョンです」を進行し、MBC放送芸能大賞ラジオ部門で優秀賞を受賞するほど、トークの才能も優れていた。

しかし、ジョンヒョンは数年間うつ病に苦しみ、2017年12月18日に他界。

享年27歳というあまりの若さでこの世を去ってしまったジョンヒョンに、歌謡界はもちろん、ファンたちも大きな衝撃を与えて深い悲しみに包まれた。

そして、本日ジョンヒョンの2周忌を迎え、世界各国のジョンヒョンのファンたちは、ツイッター(Twitter)などのSNSを通じて「#종현아_덕분에_내_평생이_따뜻해(ジョンヒョンのおかげで私の一生が温かい)」というハッシュタグと共に「あなたをいつまでも忘れません。大好きです。今日も沢山笑っていますように。ジョンヒョンに出会えて幸せです」というような追悼のメッセージを送っている。

一方、ジョンヒョンの遺族たちは、2018年1月にリリースされたジョンヒョンの遺作アルバム「Poet | Artist」のタイトル曲「光っている(빛이나 / Shinin’)」から名付けた「光っている財団(빛이나 재단)」を設立して善良な活動をするなど、生前ジョンヒョンが行ってきた善良な影響力を継続している。