グローバルアーティストとして、確固たる地位を得たBTS(防弾少年団)が、アジア人に対するヘイトに異議を唱えた。米ビルボードで、栄誉ある1位を獲得した反面、差別を肌で感じた彼らだからこその声明と言える。

BTS(防弾少年団)が、アジア人に対する人種差別と嫌悪を止めるメッセージを伝えた。

アジアに対する人種差別に反対という声明を出したBTS

アジアに対する人種差別に反対という断固たる声明を出したBTS。(写真提供:©スポーツ韓国)

BTSは今月30日午前、Twitter(ツイッター)公式SNSなどで「#StopAsianHate #StopAAPIHate」のタグと共に、長文のメッセージを掲載。

愛する家族を失った方々に、慰めの言葉を申し上げます。そして、悲しみと共に心から憤りを感じています」と綴った。続けて「僕たちは、アジア人という理由で差別に遭う事があります。道を歩くだけで、理由もなく侮辱されたり、外見を批判されたりもします。さらに、『アジアンがなぜ英語を話してるのか』と言われたこともあります」と伝えた。

僕たちの経験は、今起こっている事に比べれば小さな事です。でもこの時の経験は、僕たちを委縮させ、自尊心を奪いました。ましてや人種が違うという理由で、憎悪と暴力の対象になるという事は、僕たちはとうてい表現する事ができない共通の出来事です」と言及している。

彼らは「今、起こっている事は、アジア人として僕らのアイデンティティーと切り離して考える事はできません。実際、このような話を切り出すまで僕たちの声をどうやって伝えられるか、決定するまでたくさん悩みました」と記し、行動に移すまでの苦しい胸の内を説明した。

そして「こうして、僕たちが伝えなければならないメッセージは明白です。僕たちは、人種差別に反対します。僕たちは、暴力に反対します。僕、あなた、僕たち全員が尊重される権利がある。共に生きましょう」と、現在アメリカを中心に起こっているアジア人に向けた人種差別問題に、いかなる方法であれ、共に行動するという断固たる意見を明確にした。

BTSの公式Twitterを見る(外部リンク)

ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースによって誕生した。
BigHitエンターテインメントに所属している。
デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。
グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。
ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS プロフィール&記事(1493)

人気ニュース

BTS 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース