BTOB(ビートゥービー)メンバーのイ・チャンソプが、オンラインコンサートで見せた”7のジェスチャー”が、一部韓国のファンの間で論議になっていた件について、自身のインスタグラムで言及した。

BTOB(ビートゥービー)のイ・チャンソプが、自身のアクションについて心境を明かした。

7のジェスチャーについて打ち明けたチャンソプ

「7のジェスチャー」について打ち明けたBTOBチャンソプ。(写真提供:©スポーツ韓国、イ・チャンソプ 公式Instagram)

イ・チャンソプは、1月23日に開催されたBTOBのユニットBTOB4U(ビートゥービーフォーユー)オンラインコンサート『INSIDE』で、プニエルと”指で数字の7″を表現。一部のネットユーザーの間で、このジェスチャーが「イルフンの擁護」と捉えられ議論を呼んでいた。

そして今月25日、これについて自身のインスタグラムで「その時その時代 僕らを忘れないと言う意味だ」と伝えた。

(関連記事)イルフン脱退後 6人となったBTOB‥「仲間愛」も議論に

また「これまで抑え込んで積み重なっていた感情と、たくさんの考えが『僕たちのコンサート』の楽曲が流れてきたら、持て余すほどこみ上げてきた」と話し「その時その時代の僕たちを全部忘れない、永遠に心の中に刻みつけるという気持ちで表現したジェスチャーだった」と打ち明けている。

続けて「この気持ちが、歪曲されないことを願う。僕の心と皆さんの心の中で記憶される事を願いながら、これからもBTOBとして、そしてイ・チャンソプとして、良いアーティストとして成長したい」と締めくくった。

BTOBは7人組でデビューしたが、昨年7月にチョン・イルフンが大麻草の吸引疑惑(麻薬類の管理に関する法律違反)で検察に検挙された事実が明らかに。そして同年12月に自らの意思でBTOBを脱退し、6人体制となった。

これに対して”7のジェスチャー”は、「イルフンの擁護だ」と捉えた一部のネットユーザーが批判する事態へと発展していた。

BTOBイ・チャンソプのInstagramを見る(外部リンク)

ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

BTOB(ビートゥービー)

CUBEエンターテインメント所属の7人組男性アイドルグループBTOB(ビートゥービー / ハングル 비투비)として2012年3月にデビュー。BTOBは「Born To Beat」の頭文字を組み合わせたもので、「新しい音楽(ビート)とステージを披露するために生まれた」という意味が込められている。ファンの名称は「Melody」。

2020年12月、メンバーのイルフンが、大麻吸引の疑いで警察に摘発された事実が発覚。本人の意向で、12月31日にグループ脱退を発表。現在は6人体制となっている。

BTOB(ビートゥービー) プロフィール&記事(65)

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

BTOB(ビートゥービー) 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース