昨年末、「SBS歌謡大祭典」のリハーサル中にステージから転落して負傷し、現在治療中であるRed Velvet(レッドベルベット / 愛称 レドベル)のウェンディ。病床に伏していながらもスタッフへの温かい心遣いを見せ、話題となっている。

昨年末、音楽番組のリハーサル中に舞台から転落し負傷、現在治療中であるガールズグループRed Velvet(レッドベルベット / 愛称 レドベル)のウェンディ。

今年1月11日から開催される日本ツアー、『Red Velvet Arena Tour in JAPAN – La Rouge』への参加は見送られることとなった。

まだまだ深刻な状況であるウェンディだが、今回のツアースタッフに対し温かい心遣いを見せ、ネット上で話題となっている。

優しい心遣いを見せたウェンディ

優しい心遣いを見せたウェンディ(写真提供:©スポーツ韓国)

気になる‘温かい心遣い’とは…?

Red VelvetのバックダンサーのSNSにより明かされたのは、ウェンディから贈られたというたくさんの‘おやつ’だ。

ウェンディは日本ツアーのために準備し、汗を流して練習に励むバックダンサーたちのために様々なおやつをプレゼントしていたという。

ダンサーたちは、練習を労ってくれ、たくさんの贈り物をしてくれたウェンディと1日も早く舞台にたちたいと話しているという。

やはり5人でRed Velvet!(写真提供:©スポーツ韓国)

普段からメンバーやファン、スタッフに対しても気遣いを見せていることで有名だが、今回、自身が大変な状況にもかかわらず、周りのスタッフを気遣うウェンディに称賛の声が上がっている。

作年末、「2019 SBS歌謡大祭典」のリハーサルを行っていた際、約2m以上の高さのステージから転落し、顔部位の負傷と右骨盤、手首の骨折という重症を負ったウェンディ。

これによりステージへの参加は断念、今月から始まる日本ツアーへの参加も見送ることとなった。

ステージに立つことを何より楽しみにしていた本人にとっては辛い毎日だったであろう。

そんな中でもスタッフのことを思い、気遣うのがウェンディなのだ。

現在、Red Velvetは4人体制で活動をしている。

今年1月11日の広島公演を皮切りに、大阪、福岡、神奈川と全国4ヵ所・5公演を予定している日本ツアー「Red Velvet Arena Tour in JAPAN – La Rouge」。

ウェンディのパートはほかのメンバーが担当する予定だという。

ウェンディの1日も早い回復を祈ると同時に、ツアーファイナルでは5人体制のRed Velvetが見られることを期待したい。