12月11日に最終回を迎えた「PRODUCE 101 JAPAN」。最終回では20人の練習生達によりこれまでの努力の集大成が込められた素晴らしいパフォーマンスが披露される事に。そのパフォーマンスの際、予期せぬハプニングに見舞われた井上港人(INOUE MINATO)練習生。現在SNSではハプニングに見舞われた際の彼の対処能力に称賛の声が集まっている。

PRODUCE 101 JAPAN」の最終回で井上港人(INOUE MINATO)に起こったハプニングが国民プロデューサー達の間で話題となっている。

昨日12月11日に最終回を迎えた「PRODUCE 101 JAPAN」。
最終回では20人の練習生達が2グループに分かれて半年間の努力の集大成が込められたDEBUT BATTLEのステージを披露した。

その際、「Grand Master」のパフォーマンスを披露していた井上港人にあるハプニングが発生し、現在SNSでは彼の身に起こったハプニングが話題になっている。

生放送でハプニングに見舞われた井上港人が話題に

最終回で井上港人の身に起こったハプニングとは一体?!(出典:PRODUCE 101 JAPAN公式ホームページ)

生放送で行われた「PRODUCE 101 JAPAN」の最終回。
そのため練習生達はやり直しがきかないという緊張感の中、パフォーマンスを行わなければならなかった。

このような状況の中、井上港人は腰付近に装着していたマイクの機材が取れてしまうというハプニングに見舞われることに。
しかし、彼は当ハプニングに動揺した様子を見せること無く、冷静にパフォーマンスを行いながら迅速に当トラブルを対処。

その結果、自身のパートが回ってくるまでに彼はマイクの機材を元に戻しており、放送を見ていた視聴者達のほとんどは彼のマイクに生じたハプニングに気付いていなかった。

また、上記のマイクのハプニングが起こった後にはパフォーマンス中に靴が脱げてしまうというハプニングにも見舞われた彼。
だが、彼は当ハプニングにも動じる様子無く、なんと片足の靴が脱げた状態で「Grand Master」のダンスを踊りきった。
彼があまりにも動じていなかったためにこのハプニングに気付いた視聴者も数少なかったとのこと。

現在SNSでは一つのパフォーマンスの中で次々とハプニングに見舞われながらも、動じることの無かった井上港人に対し

「港人のマイクにハプニングが起こってた事も靴が脱げていたことも全然気付かなかった…それほど港人のパフォーマンスに惹き付けられてた」
「ハプニングが起こった中でステージに支障を与えずに完璧なパフォーマンスをするなんてまさにプロ」
「あのハプニングの連続の中であれほど完璧なパフォーマンスが出来るのは井上港人しかいないと思う」
「Grand Masterのステージをやりきった井上湊人こそ真のアイドル」
「あがり症って言っていた港人はもういなかったね」

という称賛の声が相次いでいる。

パフォーマンス終了後には国民プロデューサー代表のナインティナインの後ろを走り抜けて靴の回収に向かうという可愛い姿で視聴者達の笑顔を呼んだ井上港人。
残念ながらJO1(ジェイオーワン)のメンバー入りは果たせなかった彼だが、これほどまでのステージに対する熱意、プロ意識を持っている彼の夢が違う形で実現し、再び素晴らしいパフォーマンスを人々に届けてくれる事を祈る人は多く存在するであろう。