11月11日に浮上したX1(エックスワン)及びIZ*ONE(アイズワン)の解散説。ファン達から動揺の声が聞かれる中注目は最終決定を行うといわれていたCJ ENMに集まっていた。しかし当件に対し無責任な立場を見せたCJ ENM。韓国ネット上からは無責任な姿勢をとり続けるCJ ENM側に批判の声が上がっている。

X1(エックスワン / ハングル 엑스원)、IZ*ONE(アイズワン / ハングル 아이즈원)の解散説にCJ ENMが口を開いた。

本日11月11日、多数の韓国メディアにより報じられたX1及び、IZ*ONEの解散に関する報道。

X1、IZ*ONEの解散説にCJ ENMが見せた無責任な立場

解散説が浮上することとなったX1とIZ*ONE(出典:X1/IZ*ONE公式Twitter)

当報道では“2グループの一部メンバーの所属事務所関係者、マネージメント担当者などが集まり彼らの解散に関する議論を行った”ということと並びに“最終決定はCJ ENMにかかっている”とのことが伝えられた。

(関連記事) まさか解散? IZONE・X1 投票操作の余波で事務所関係者が議論.. ファンからは反対の声

その後彼らのファン達からは解散に対する悲しみの声があがると同時に、2グループの運命を握っていると思われていたCJ ENMの発表に注目が集まることに。

そのような状況の中、当のCJ ENMは同日中に公式立場を発表したものの、その発表内容に世間からは驚きと怒りの声があがることとなった。
今回の発表で「IZ*ONE、X1の進退について特別に伝える立場は無い」と語ったCJ ENM側。
韓国ネット上からは当コメントに対し“無責任”という言葉が多く聞かれることに。
順位操作の事実が明らかになる前は「負うべき責任は必ず負うようにする」と語っていたにも関わらず、事実が明らかになって以降は当件に関する立場の発表すら行わなかったCJ ENM。

その一方で矢面に立つこととなったIZ*ONE、X1には多くの批判の声が浴びせられ、活動にも事件の影響が生じている。
しかしCJ ENMは現時点ではその状況すらも傍観している状況であり、世間からは

「メンバー達の後ろに隠れるなんてCJは本当に卑怯」
「あれだけ強調していた“責任”って一体何?」
「批判はメンバー達に受けさせておいて自分たちはお金だけ稼いだってことか」

という怒りの声が聞かれている。

その一方で、Mnet関係者は韓国メディアに対し、「事態が深刻であるが故に議論が行われていることは事実だが、解散に関連して特別に決定した部分はない」と語ったとのこと。
また「捜査中の部分があるために捜査結果を待っている状況」という現状も語ったというMnet関係者。

推測性の記事も多数上がり、様々な情報が交錯しており早い対応が望まれる中で今後、CJ ENM、またMnet側の動向に関心が集中する事が予想される。