オーディション番組『Nizi Project』から誕生した、9人組ガールズグループNiziU(ニジュー)。日本では、テレビ局の音楽番組などに多数出演し、大ブームを巻き起こすほどの人気である。そんな彼女たちは、韓国ではどのように評価を受けているのだろうか。

JYPエンターテインメント(以下、JYP)とソニーミュージックによる共同ガールズグループプロジェクト『Nizi Project』は、日本中から注目を集め、大ブームを巻き起こした。

NiziUのメンバー

9人組ガールズグループNiziU(画像出典:NiziU公式Twitter)

『Nizi Project』から誕生したNiziU(ニジュー)は、2020年6月30日にデジタルミニアルバム『Make you happy』を日韓同時リリースし、プレデビュー。サビの振付、”縄跳びダンス”は大きな話題を集めた。

12月2日に1stシングル『Step and a step』をリリースし日本で正式デビューすると、同年のNHK『紅白歌合戦』には、史上最速の”デビュー29日”で出場するという快挙を成し遂げた。

(関連記事) NiziUのおかげ?韓国でも再注目されたWaT「ジャニーズに対抗できるスター」

日本では、確実にトップアイドルへの階段を駆け上がっているNiziUだが、韓国ではどのような評価を得ているのだろうか。

2021年の1年間、NiziUが韓国ネチズンをじょう舌にさせたあのハプニングをまとめてみた。

韓国のネットで炎上した食事マナー

2020年末、韓国で話題になったのが、12月19日に放送された『嵐にしやがれ 2時間スペシャル』(日本テレビ系)に出演した時の食事マナーだ。

クイズに正解したメンバーが料理を食べるシーンがあったのだが、どのメンバーも食器を手に持っていなかった。これに対して、一部の日本視聴者から「*犬食いのようでマナーが悪すぎる」「食べ方が汚い」「韓国式の食べ方だ」との指摘が相次いだ。

*犬食い:手を使って食器を自身の口に寄せず、逆に口が食器を迎えに行く食べ方のこと

もちろん彼女たちを擁護する声も多数見られたが、韓国の芸能メディアでは、上述した一部の心無い発言が、まるで日本全体の意見のように報じられてしまい、さらにこれがオンラインコミュニティーを通じて瞬時に拡散され、問題視されることに。「韓国式の食べ方を卑下された」と、韓国ネットで憤慨の声が上がった。

(関連記事)NiziU、ネットで炎上した食事マナー問題を見る韓国人の反応

何故 三一節に? リマの”戦犯子孫”問題

(画像出典:NiziU公式FaceBook)

2020年8月、メンバーの一人であるリマの”親族戦犯企業論争”が、一部の韓国ネットユーザーの間で勃発した。

事態は一向に収束する気配をみせず、2021年3月に、リマに関するデマを流布した悪質なユーザーA氏がJYPから告訴された事実を公表する。よりによって”*三一節”に‥。当時A氏が、”三一節”を選んだのはかなり意図的だったと見られる。何故なら、JYPがA氏を相手取り告訴をしたのは、2020年の事で、対日感情が悪化する2021年3月1日にわざわざ告訴事実を明かしたからだ。

*三一節:韓国の祝日(毎年3月1日) 日本植民地支配下の1919年3月1日の三・一独立運動を記念する日

(関連記事)何故 三一節に? 再燃するNiziU リマ ‘戦犯子孫’ 問題とJYPを狙った腹黒い意図

リマの曽祖父として知られている横井英樹氏(1998年死去)が、いわゆる”戦犯企業”のオーナーだった(韓国ネットユーザーの主張によると)、という情報が韓国ネットを駆け巡ったことが発端である。

JYP側は、このような情報を流布した人物に対して告訴を行ったが、この対応に関して、「昔のこと!家族史のことでいちゃもんをつけるな」、「告訴されたネットユーザーは以前から過激なJYPアンチだったから、この判断は正しい」という論調も多い中、「JYPは売国企業だ」との論調も多く、意見が分かれている。

現在は、問題が一旦落ち着きを見せ、NiziUへの関心も高まる中で、ラップを上手くこなし、語学力もずば抜けて高いリマの人気と評価が、韓国国内でも高まっているという。

(関連記事)「JYP 最強のラッパー」と絶賛されるリマ(NiziU)が韓国で人気を集める理由

アヤカを韓国ネットが辛口批評?

(画像出典:NiziU公式FaceBook)

JYPの有名プロデューサー、パク・ジニョン(J.Y.Park)から「(元miss Aの)スジに初めて会った時を思い出しました。とても似ていると思います。(顔の)雰囲気が」と絶賛されたビジュアルの持ち主、アヤカ。

韓国でもその美貌に注目が集まった。

(関連記事)NiziU アヤカは韓国人顔? 国民の初恋 ‘スジ’を思わせる美貌に納得の声

しかし、一部では、「歌唱力とダンスともに実力がひどかった。にもかかわらず、彼女が9人のメンバーに入ったのは、”パク・ジニョンの好み顔だったのだろう”」と彼女を辛口批評する声も。

パク・ジニョンは、元々ビジュアルに関心を持っていないスタンスとして知られていたため、この決定を意外に思った韓国のネットユーザーが多かったようだ。

(関連記事)アヤカ (NiziU)を韓国ネットが辛口批評?「パク・ジニョン好みなだけでデビュー」

NiziUはいつまでTWICEの二番煎じ?

2ndシングル『Take a picture』をリリースした際、日本のSNSでは、「真似したくなる振り付け」「かわいい」など、肯定的な意見が多く見られたものの、韓国では、TWICEの二番煎じなのではないかという、厳しい意見が相次いだ。

一部では、昔のTWICE(トゥワイス)に似ていて、懐かしいという反応も見受けられるが、オリジナリティーに欠けるなど、楽曲に関しての厳しい反応も多く見られる。

また、最近TWICEがコンセプトの路線変更を行ったことから、元々持っていたTWICEのコンセプトをNiziUに譲ったのではないかとも囁かれている。

(関連記事)TWICE 減速の原因はNiziU?韓国ファンが主張する ‘コンセプト譲り’とは

実力重視の韓国式オーディションで選ばれたこともあり、デビューの段階から高い完成度を求められてしまうのは、致し方ないことかもしれない。

一方で、ダンスや歌の実力が上がったという声も多方面から聞こえてくるのも事実だ。

そんなNiziUが見せる、今後の成長に大きな期待が高まっている。



NiziU

JYPエンターテインメントとソニーミュージックによる共同グローバル・オーディション『Nizi Project(虹プロ)』から誕生した9人組ガールズグループ。

メンバーは、マコ、リオ、マヤ、リク、アヤカ、マユカ、リマ、ミイヒ、ニナ。

6月30日に、プレデビュー曲『Make you happy』を発表、12月2日に『Step and a step』で正式デビューした。

NiziU 最新記事はこちら(82)

おすすめニュース

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

RECENT TOPICs