• 10月26日、7人組ボーイズグループのATBOが、2ndミニアルバム『The Beginning:始作』でカムバックする。
  • そんな中、ATOBのコンテンツがNCT 127『英雄; Kick It』と酷似していると論議が起こっており、ネット上で注目を集めている。
  • 韓国ネットユーザーの中には、ノイズマーケティングを疑う声も出ている。

10月26日、7人組ボーイズグループのATBOが2ndミニアルバム『The Beginning:始作』をリリースし、カムバックする。

THE BOYZ(ザ・ボーイズ)の弟分として7月にデビューしたATBO。

今回のアルバムリリースは、1stミニアルバム『The Beginning : 開花』の公式活動終了後、わずか1カ月という短いスパンで行われ、超高速カムバックが話題を集めている。

その一方、韓国オンラインコミュニティーでは、一部のネットユーザーから、ATOBのコンセプトについて疑問の声が上がっており、SNSでも多くのファンがその意見に反応しているようだ。

10月18日、ATBOの公式SNSで『The Beginning:始作』のコンセプトフォトが公開された。

『The Beginning:始作』のコンセプトフォトがATBOの公式SNSで公開された

ATBOの公式SNSで公開された『The Beginning:始作』のコンセプトフォト(画像出典:ATBO 公式Twitter)

コンセプトフォトには、モノクロの衣装を身につけ、古風な雰囲気の部屋でポーズをとる7人の姿が写っている。

実はこのコンセプトが、2020年3月にNCT 127(エヌシーティーイリチル)が発売した『英雄; Kick It』に酷似していると、論議が起こっているのだ。

『英雄; Kick It』の当時のコンセプトフォトと比較してみると、確かにATBOの衣装や背景の襖に描かれた習字のフォント、さらに部屋の雰囲気も似通っているのが確認できる。

これでは、NCT 127の楽曲をモチーフにしたのかと人々の間で注目されるのも無理はない。

NCT 127の楽曲『英雄; Kick It』のコンセプトフォトとMVサムネイル

NCT 127の楽曲『英雄; Kick It』のコンセプトフォトとMVサムネイル(画像出典:NCT 127 公式Twitter)

さらにATBOが『英雄; Kick It』と比較されるのが2回目というのも、世間の人々が首をかしげる理由のひとつである。

ATBOのデビュー曲『Monochrome (Color)』は、YouTubeにMVが公開されてから、わずか5日にして再生回数2000万回を突破。

彼らは新人男性アイドルとして良いスタートを切った一方、デビュー曲のダンスが『英雄; Kick It』のポイントダンスと一致している部分が多いと注目された。

ATBOはNCT 127『英雄; Kick It』のダンスと酷似性を指摘された

NCT 127『英雄; Kick It』のダンスと酷似性を指摘されるATBO(画像出典:NCT 127『英雄; Kick It』MV、ATBO 『Monochrome (Color)’』CHOREOGRAPHY VIDEOキャプチャー)

特に8月に公開された『Monochrome (Color)』のダンスパフォーマンスビデオでは、NCT 127のダンスをオマージュしたような振り付けが一層際立っており、コメント欄には「NCT 127へのリスペクト?」「ここまで露骨に似ているのは歴代級」と疑問視する意見が多数書き込まれている。

繰り返しこのような意見が飛び交うATBOに対し、一部のネットユーザーによる「ノイズマーケティングのようなプロモーションなのでは?」という指摘も目立つ。

最近は過去の人気楽曲に敬意を表し、サンプリング曲をリリースするK-POPアイドルが増えている。特にIVE(アイヴ)の『After LIKE』や、BLACKPINK(ブラックピンク)の『Shut Down』が記憶に新しい。

そのことから、今回のATBOのコンセプトフォトやダンスは、NCT 127にインスパイアされたものだと考えることもできるだろう。

しかし、ATBOやNCT 127を応援するファンの心には、疑問が残るばかりだ。

松原紗乃

K-POPや韓国ドラマ関連の記事を投稿している松原紗乃です。日頃から韓国芸能情報をチェックし、アイドルの活躍や新ドラマの配信を楽しみにしています。トレンドを通して、韓国文化の魅力を伝えられるような記事執筆を心掛けています。

記事一覧を見る(510件)




K-POP男性アーティスト 最新記事はこちら(2474)

ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs