MONSTA X(モンスタエックス)のメンバー ジュホン(ハングル 주헌)が不安症状によって活動を一時休止している中で、ジュホンも公式ファンカフェに自身の心境を掲載。さらにツイッター(Twitter)などのSNSではメンバーたちをサポートするハッシュタグプロジェクトによって、ファンの愛が溢れている。

ボーイズグループMONSTA X(モンスタエックス / 愛称 モネク)のメインラッパー ジュホン(ハングル 주헌)が不安症状により当分の間活動を中断することを発表した中で、世界中のMONBEBE(モンベベ / MONSTA Xのファン)は、メンバーへの愛と支持を継続している。

MONSTA Xの所属事務所スターシップエンターテインメントは1月12日、公式SNSを通じてジュホンが心理的な不安症状を訴えて複数の医療機関で精密検査と診察を受けたところ、十分な休息が必要だという専門家の診断を受けたと伝えた。

活動を中断しているジュホン

活動を中断しているジュホン(画像出典:MONSTA X Twitter)

このような中、1月27日にジュホン自身も公式ファンカフェにメッセージを投稿した。

ジュホンは、「MONBEBEのみなさん、MONBEBEを愛するジュホンです。この文章を書くことについて沢山悩みました」とし「僕は精神的に今とても弱くなっていて、苦しい状況です。薬を飲んでいて、自ら突破できる穴をあけている最中で、両手を合わせて祈ったり泣いたり、また戻りたくなるけどもっと良い姿で、MONBEBEに‘カッコいいジュホン’という名前で戻りたくて、一生懸命努力しています」と伝えた。

長い手紙の中で、苦しい状況でももっと良くなりたいと願い、ファンをどれほど愛しているのかMONBEBEへの気持ちを繰り返し伝えたジュホン。

引き続き、ジュホンは「僕が今まで考えて悩んできた時間が無駄にならないように、頑張って戻ります。僕もMONBEBEが恋しいです。僕は最高のジュホンになります」と、より良い姿で戻る決意を表明した。

これにファンたちは、ツイッター(Twitter)などのSNSを通じて「#MonbebeAreStillHere」「#몬베베는_아직_여기있다」などのハッシュタグをトレンド化するプロジェクトを通じて‘グループが良い時期でも、このようにメンバーたちが苦しんでいる状況でも、常にファンはメンバーたちのためにそこにいるよ’ということを発信し続けている。

該当のハッシュタグプロジェクトに参加している一部のファンたちは「MONBEBEは絶対離れないから大丈夫」「焦らずゆっくり休養に専念してほしいよ」「ジュホン、私たちがついてる。世の中で君を愛する人が本当に多いことを分かってくれたら嬉しいよ」などの反応を寄せ、ジュホンに変わらぬ愛と応援メッセージを伝えている。

一方、このように、韓国内はもちろん海外でも結束した硬いファンダム(ファンの集まり)を構築しているMONSTA Xは、2月14日にアメリカで初のフルアルバム「ALL ABOUT LUV(オール・アバウト・ラヴ)」をリリースする予定だ。

MONSTA X

MONSTA X(愛称 モンエク、モネク / ハングル 몬스타엑스)はSTARSHIPエンターテインメントに所属している7人組ボーイズグループ。
2015年5月14日、ミニアルバム「TRESPASS」、タイトル曲「無断侵入(ハングル 무단침입)」でデビューを果たした。
MONSTA Xのファンダム名は「MONBEBE」、日本の公式ファンクラブ名は「MONBEBE JAPAN」。

MONSTA X プロフィール&記事(110)