1983年7月10日に誕生したSUPER JUNIORのキム・ヒチョル。本日(7月10日)、誕生日を迎えたことを祝福し、2020年の活躍を振り返ってみよう。兎にも角にも、年明け早々のビッグニュースに尽きる‥?

本日、37回目の誕生日を迎えたキム・ヒチョル。

SUPER JUNIOR(スーパージュニア)のメンバーとして国内外に多くのファンを持ち、またタレントとしても多くの人から愛されている芸能人だ。

SUPER JUNIOR キム・ヒチョル

国民的アイドルのキム・ヒチョル(画像出典:キム・ヒチョル公式Instagram)

独特の鋭い視点や持論で展開するテレビ番組や動画配信ではユーモアと痛快さを披露し、彼がいかに賢い人間かが分かる。同時に、国民から大きな愛を受けている”国民的アイドル”ということも。

韓国国内だけでなく海を越え、あらゆるジャンルで活躍するキム・ヒチョルの2020年を振り返る!

TWICEモモとの公開恋愛

キム・ヒチョルの2020年と言えば、何を置いてもまずはこの話題だろう。

2020年の幕開け、まるで新春を祝う打ち上げ花火のように舞い込んできたビッグニュース。
キム・ヒチョルとTWICEのモモというビッグカップルの誕生だ。

交際を認めたヒチョルとモモ

2020年カップル第1号となったモモとヒチョル(出典:キム・ヒチョル公式Instagram)

2人は13歳の年の差を克服し、新年初のアイドルカップルの誕生を知らせた。

1月2日の時点で、TWICEの所属会社であるJYPエンターテインメント側が「2人は芸能界の先輩・後輩で、親しい関係を持っていたが、最近、好感を持ち始め恋人関係となった」とし、キム・ヒチョルの所属事務所であるLable SJ側も「2人が好感を持って交際していることを確認した」と発表し、熱愛を認めた。

韓国を代表するトップアイドル同士の熱愛とあって、多くの驚きと温かな祝福に包まれた2人。
実は2019年8月、熱愛説が取り沙汰されたことがあったが、”親しい先輩・後輩の間”だとし交際事実を否定していた。このような予告(?)めいたスクープも手伝い、2人の公開恋愛はファンの間でも肯定的に受け入れられたよう。

バラエティ番組から見えた”ヒチョル”という人物

現在、多くのバラエティ番組に出演しているキム・ヒチョル。持前の剽軽さに加え的確なコメントも披露し、視聴者をヒチョルワールドへいざなっている。

2020年だけでも様々な持論を披露し、キム・ヒチョルという人物像がよく見えていた。

目の手術に挑んだキム・ヒチョル

目の手術に挑んだキム・ヒチョル(画像出典:SBS Entertainment公式YouTubeチャンネルキャプチャー)

2月、バラエティ番組『憎い我が子』で視力矯正手術を受ける様子をオンエアーしたキム・ヒチョル。
手術前は恐怖感を語るなど緊張した姿を見せていたが、術後、片目をガーゼで覆われた状態であった彼は「目の手術で弓裔(一目大王の異名を持つ隻眼の三国時代の群雄)になった」というジョークを発し笑いを誘っていた。

この手術後、仕事を共にしたあるシンガーソングライターがこんなエピソードを語った。

視力矯正手術を受けたキム・ヒチョルは、目を保護するためにサングラスをかけなければならなかった。
しかし、彼は「それは自身の事情です。音楽の大先輩方に出演して頂くので、サングラスをしてはいけないと思う」と、一般的なメガネをかけて番組に出演するという立派な心遣いを見せたという。

寄付文化について言及したキム・ヒチョル

寄付文化について言及したキム・ヒチョル(画像出典:JTBC’77億の愛’キャプチャー画像

また、4月には、自身がMCを務めるトークショー『77億の愛』で、多くの芸能人が被害に遭っている”悪質コメント”を残すユーザーに対しては強靭な対応をすることを支持し、芸能人の寄付文化についても「悪質なコメントが寄せられることで、善行であるはずの行いが顔色を伺うゲームになった」と厳しく批判するなど、現役アイドルが公共の電波を通じて意見するには少々ハードな話題にも果敢に取り組んでいる。

根が真面目で誠実な人柄のキム・ヒチョル

根が真面目で誠実な人柄のキム・ヒチョル(画像出典:キム・ヒチョル公式Instagram)

キム・ヒチョルと言えば、ナルシストな一面があり、ユーモアの溢れる行動をするイメージが強い印象だ。しかし、そのような先入観とは違い、年齢にともなった礼儀を非常に重要視する性格であり、人前では弱い部分を見せず、強気の姿勢で気丈に振る舞うタイプということがテレビ番組を通じて感じることが出来る。

特に、TWICEのモモとの熱愛説が報じられて以降は、自身が発した言葉によって余計な誤解を生まないよう、気を遣いながら真剣に話をする姿も見られ、改めて”思慮深い”という本来の性格を知った方も多いことだろう。

根は真面目で育ちの良さがうかがえるキム・ヒチョル、2020年下半期の活躍も楽しみに期待したい。