日韓同時放送で話題を呼んでいるアイドルバトル番組、Mnet『Kingdom:Legendary War』から、新型コロナウイルスの陽性者が出た。出演者の不祥事や低視聴率など、これまで数々のマイナス要素が表面化したこの番組の受難は最後まで続くようだ‥。

Mnet『Kingdom:Legendary War』(以下、Kingdom)のステージに立っていたダンサーの1人が、新型コロナウイルス陽性判定を受けたことがわかった。

日韓同時放送で話題を集めている『Kingdom』は、現役の人気アイドルグループ6組が、王座を獲得すべくステージで戦うサバイバル番組だ。

Mnet『Kingdom:Legendary War』

Mnet『Kingdom:Legendary War』出演ダンサーが新型コロナに感染(画像出典:Mnet K-POP YouTube動画キャプチャー)

現役アイドルが出場するバトル番組ということで、K-POPファンからは放送前から期待の声が聞かれていたが、番組スタッフは次々に出てくる問題の対応に追われることに。

出演グループメンバーの校内暴力疑惑、MCを任されていた東方神起(TVXQ)のユンホが新型コロナウイルス感染症予防法違反の疑いで途中降板、グループ別のステージ費用による公平性議論など、前の問題が解決しないまま次の問題が起こるという受難が続いていた。

(関連記事)Mnet ‘Kingdom’ 公正性問題を謝罪‥出演者の騒動から番組サイドも議論の的に?

そして今月6日、『Kingdom』のステージに立っていたダンサーが新型コロナウイルス陽性判定を受けたと各メディアが報じ、新たな問題が発覚。

これまでもドラマの撮影現場などで、新型コロナウイルスの陽性判定を受けた出演者が出ることはあったが、今回この問題が大きくなった理由は、番組のレギュラー出演者数がなんと45人にのぼるためだ。

参加人数は、各グループの事情により一部抜けているが、BTOB(ビートゥービー/4人)、iKON(アイコン/6人)、SF9(エスエフナイン/9人)、THE BOYZ(ザ・ボーイズ/11人)、Stray Kids(ストレイキッズ/7人)、ATEEZ(エイティーズ/7人)とMCを任されている東方神起のチャンミンまで、レギュラー出演者だけで45人になる。

出演グループのほとんどが大型グループのため、関連スタッフも多い。また、ステージごとのセット移動や演出変更など、撮影スタッフも他の番組より多いという。

『Kingdom』

『Kingdom』出演アイドルたち(画像出典:Mnet公式Twitter動画キャプチャー)

このダンサーと一緒にステージにあがったTHE BOYZ、iKON、SF9はもちろん、結局全出演者と関連スタッフが新型コロナウイルスの検査を受けることになった。

今回新型コロナウイルスの影響で観客は入れていないようだが、どのように拡散されるかわからない状況だ。

受難の続く『Kingdom』は、今月どんな終わりを迎えるのか‥。視聴者は緊張した面持ちでそのときを待っている。



最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

K-POP男性アーティスト 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース