女性からの圧倒的な支持を得ているMAMAMOO(ママム)のファサがまた新たなブーム(?)を巻き起こした。そのブームにより’あるモノ’の品切れが続出し話題となっている。果たして今回のブームとは?

去る6日、MAMAMOO(ママム / ハングル 마마무)のファサが、MBC’私は一人で暮らす(나 혼자 산다)’の番組内で、魔性のリコーダー映像を公開した。これは彼女が最近ハマっている’最愛(最高に好きな)’映像だという。

ファサの’最愛映像'とは

ファサの’最愛映像’とは?(画像出典:MBC’私は一人で暮らす’キャプチャー)

映像の中では、海外アーティスト(?)らしき人物が、映画’タイタニック(1997年公開)’のOSTで知られるセリーヌ・ディオンの’My Heart will go on’をリコーダーで演奏する姿が映されている。
すでに10年前の映像だが、音をはずしていることも気にせず真剣に演奏に取り組む彼の姿は、海外はもちろん国内ユーザーたちの心の琴線まで響いていたようだ。

ファサは「神のような格好をされた方がリコーダー演奏をしている」と真剣に映像に見入ったかと思えば、ついに彼を’師匠’と呼び始め、自身もリコーダーを演奏し始めたのだ。
ファサは「この映像を見て、惹かれるようにリコーダーを注文した」と告白している。

真剣にリコーダーを奏でるファサ

真剣にリコーダーを奏でるファサ(画像出典:MBC’私は一人で暮らす’キャプチャー)

このファサの告白による影響力は大きかった。
彼女がリコーダーを演奏しながら見ていた楽譜集は、放送後に注文が殺到し配送が遅れているという。
楽譜集のウェブサイトには「’私一人で住んでいる’放送後から注文が殺到しており、お届けまでお時間をいただいております。3月11日から順次出荷する予定です」と公示するほどの盛況ぶりだ。

それだけでなく、ファサが選んだ’最愛映像’にも視聴者からの多くの関心が注がれた。
該当映像が掲載されたYoutubeチャンネルには「’私一人暮らし~’を見て来た方?」、「ファサ先生に会いに来ました」、「私も師匠として仕える」などのコメントで溢れ、多くの関心を集めていることが分かる。

圧倒的な歌の実力と存在感を兼ね備えたファサは、特に女性から多くの人気を集め、’男性よりも格好いい女性アイドルランキング’ではトップに輝くほどのトップスターだ。

その彼女が素顔でリコーダーを吹く姿は、まさに’ギャップ萌え’の魅力で溢れている。以前にもスッピンで飾り気のない姿で’みかんアート’に挑戦し、’カワイイ’姿を披露したファサに多くの注目が集まった。

ステージでもオフスタイルでも圧倒的なカリスマ性を誇るファサらしく、彼女の行動がすべて’ブーム’になるようだ。
次なるブームは一体どのようなことなのだろうか? 今後のファサの動向にも注目だ。