KBSバラエティー番組『社長の耳はロバの耳』に出演中のMAMAMOO(ママム)ソラが、デビューを控えた後輩ガールズグループに厳しい言葉をかけるシーンが放送され、緊張感が走ったが…。

MAMAMOOのリーダーを務めるソラが、後輩グループに愛あるダメ出しをした。

今月3日に10thミニアルバム『TRAVEL』をリリースしたMAMAMOOは、現在KBSバラエティー番組『社長の耳はロバの耳』に新たなボスとして登場。この番組は、韓国の各界を代表するボスと、部下の日常に密着する考察バラエティーとして、人気を博している。

(関連記事)「女子同士で一体?」カルチャーショックを与えた、MAMAMOOの愛情儀式

先輩としてビシッと指摘したMAMAMOOソラ。

先輩として後輩に練習不足をビシッと指摘したMAMAMOOソラ。(画像出典:MAMAMOO 公式Twitter)

15日の放送回では、ソラが自身の所属事務所(RBW)から、来年上半期にデビュー予定の7人組ガールズグループ”PURPLE K!SS(パープルキス)”の週間評価日に参席。プロとして、また先輩として、厳しい目で彼女たちの歌とダンスを見守った。

PURPLE K!SSのメンバーが歌唱とダンスを披露すると、ボスたちは称賛の言葉を述べたのだが、ソラの表情は曇ったままだ。

2021年上半期にデビュー予定のPURPLE K!SS

2021年上半期にデビュー予定の7人組PURPLE K!SS。(画像出典:PURPLE K!SS 公式Facebook)

歌とダンスはどれくらい練習したのかを尋ねた後、「練習が足りないと思う。ダンスがすごく硬いし、PURPLE K!SSらしさがない。たくさんのガールズグループが存在する中で、他グループとの違いがよく分からない」と、苦言を呈し、メンバーに緊張感が走る。特に、MAMAMOOのメインボーカルとして活躍しているソラは、ボーカル担当のジウンとゴウンに「自信のなさが伝わる」と鋭い指摘をして見せた。

その後「彼女たちと話がしたい」とボスたちに席を外すよう促し、イスやテーブルを片付けてPURPLE K!SSと同じく、床に座って目線を合わせた。

共感を伝えたくて(?)自身の練習生時代について話すソラ

共感を伝えたくて(?)自身の練習生時代について話すソラだったが‥。(画像出典:YouTube KBS Entertain動画キャプチャー)

緊張の面持ちでいる後輩は、先輩に何を言われるのかドキドキしていたが、「(日々のレッスンは)大変でしょ?」と優しい言葉をかけられ、ホッとする。しかしその後、まさかの”ラテトーク(「私が〇〇の時は~など自身の過去の話を後輩にし出す)”が始まり、後輩たちは真剣な表情で聞き入るしかなく‥収録後のインタビューで「とても心に響く言葉をいただきました」とソラに忖度したコメントをする後輩たちを見て、ソラは爆笑。

同じ苦労をした者として共感を伝えたつもりが”自分話”で気を遣わせるというオチに、ソラも笑うしかないのだった。